この星の格闘技を追いかける

【UFC186】オープニングから好勝負。マルコスがデイリーに競り勝つ

<女子ストロー級/5分3R>
ランダ・マルコス(カナダ)
Def.3-0:30-27,29-28,29-28
アシュリング・デイリー(アイルランド/10位)

左から右を放ったマルコス、デイリーは右を返す。マルコスは右を入れ、ワンツーを入れる。さらにスピードに乗ったパンチを見せるマルコスに対し、デイリーも前に出てローを蹴り込み、フックを振るうが逆にパンチを被弾する。デイリーは組んでケージにマルコスを押し込み、両ワキを差して時間をかけてテイクダウンへ。直後にリバーサル狙いから、バックを取ったマルコスが4の字フック&襷掛けに。デイリーが胸を合わそうとし、ハーフに戻すとマルコスはトップキープ&肩固めへ。サイドをとって絞め、腕十字に移行したがデイリーがエスケープから立ち上がり、最後にテイクダウンを決めた。

2R、激しくパンチの交換する両者。マルコスは柔軟な肩を利した伸びる右を振るっていく。デイリーは組みついてシングルでテイクダウン。立ち上がり際にバックに回ると、マルコスが首投げを決める。袈裟固めからパンチを連打するマルコスは、バックを取られそうになると胸を合わせてスクランブル、同体で立ち上がるとデイリーが再びケージにマルコスを押し込む。今度は内股を決めたマルコスだが、着地と同時にデイリーがスイープし、トップからパウンドを落とす。上四方から腕十字を仕掛けるデイリーは、パウンドに切り替え、ゴツンゴツンという音が響き渡るようなパンチを落としていく。マルコスが立ち上がるところでRNCを仕掛けたデイリーがラウンドを取り返した。

3R、開始早々に組み付こうとするデイリーに対し、マルコスはサークリング。横移動で正面に立ったデイリーが組んでダブルアンダーフック。右腕を差し返したマルコスは、左腕も差し入れて、態勢を入れ替える。左腕を差し返したデイリーに再び首投げを決めたマルコスは、ここでも袈裟からパンチを落とす。デイリーは後方回転から起き上がってマルコスをケージに押し込む。シングルから後方に引き抜こうとしたデイリーを押し潰したマルコスは、そのままマウントを奪取する。バックマウントから即、腕十字を取りにいったマルコスがパンチを入れてデイリーのクラッチを切りにかかる。

背中をマットにマルコスに対し、体を越えていったデイリーが立ち上がる。クラッチを取り続けるマルコスをスラムしたデイリーだが、腕を取られそうなまま試合終了を迎えた。打、投、リバーサル、極と目まぐるしい攻防が繰り広げられた好勝負は、ジャッジ1人が30-27を付けたものの、残り2人が29-28と真っ当なスコアでマルコスを支持し、3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie