この星の格闘技を追いかける

【UFC FX07】ペペイ、不可解判定ながらUFC初勝利

2013.01.20

<フェザー級/5分3R>
ゴドフレイド・ペペイ(ブラジル)
Def.2-1:28-29, 29-28, 29-28
ミウトン・ヴィエイラ (ブラジル)

ジャブからローを見せるペペイ。ミウトンも左ミドルから前に出る。思い切りワンツーからスリーまで振るうペペイは、右ストレートをヒットさせるも、ダブルレッグでテイクダウンを奪われる。キムラを狙ったペペイ、ミウトンは腰に手を回して防ぐ。クローズドを取り、手首を掴むペペイは三角絞め狙いか。ミウトンは手首を切っては、鉄槌やパウンドをコツコツと落していく。右エルボーからパウンドで攻めたミウトンは、腕十字を防いで担ぎパスからバックへ。

これを逃れ立ち上がったペペイのローキックが、ミウトンの急所に当たり、またも試合が中断される。再開後、左右のフックを振るい組みついたペペイだが、逆にテイクダウンを奪われる。立ち上がってもバックを許したペペイは、クラッチをはがして向き合い、パンチや蹴りを放つもクリーンヒットはなかった。

2Rも開始早々にテイクダウンを奪ったミウトン。右エルボーを落し、ペペイの度重なるキムラアームロック狙いをついに受け、リバーサルからマウントを許してしまう。パンチからバックに回ったペペイは、後方からパンチを顔面に打ちこむ。リアネイキドチョークは防ぐが、パンチを受け胸を合わすことができないミウトン。上体を起こして座り込むような姿勢のミウトンに対し、ペペイはパンチを続ける。

残り1分、背中をキャンバスにつけてリアネイクドチョークを仕掛けるペペイ。ミウトンは横回転で逃れようとしたが、背中を取られたまま攻め続けられ2Rを終えた。3R、荒い打撃戦は若いペペイが体力で勝り、優勢に。ミウトンは右をヒットさせるが、ペペイが左を返して前に出てくる。

観客を煽る両者、ミウトンは右を再び打ち込みフライングニーへ。組みついたペペイがケージにミウトンを押し込む。腰をコントロールしたペペイに、今度はミウトンがアームロックを仕掛けグラウンドへ。ペペイの足関節狙いを防いでトップを取ったミウトン。ペペイは再びアームロックを狙うが、ここでレフェリーがブレイクを命じる。

ブラジル大会特有の、疲れて休むことを許さないグランドブレイク。試合はスタンドから再開となるが、ミウトンが直後にテイクダウンに成功する。振りの大きなパウンドは空振りとなったミウトンだが、ハイガードを凌ぎ、最後は鉄槌を連打して試合終了のホーンを聞いた。判定はスプリットでペペイに。「2Rに大きなアドバンテージがあった」という勝者、その2Rを取るだけでは29-28にならないことは明らか、不可解な裁定だった。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie