この星の格闘技を追いかける

【InvictaFC12】タフなゴメスを振り切り、パアルイが判定勝ち

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・パアルイ(米国)
Def.3-0:29-28,29-28,29-28
エジアネ・ゴメス(ブラジル)

パアルイの左ローにショートのワンツーを繰り出すゴメス。ゴメスが組んでボディロックの状態になるも、パアルイが首投げを決める。スクランブルからトップを取ったパアルイは足に組みついてくるゴメスにパンチを入れるが、態勢を入れ替えられてしまう。パアルイはスイープからトップを取ると、ゴメスのヒールフックを潰してハーフで固める。起き上がってパンチ&エルボーを入れるパアルイ。引き続きパス狙いと打撃のコンビネーションで優勢に試合を進める。ガードを捌いてパンチを入れるパアルイが、しっかりとトップをキープ。残り45秒でゴメスは内ヒールも、クラッチを外したパアルイが初回を取った。

2R、左から右を入れたパアルイ。ゴメスも右フックを返すが、そのまま2発右フックを顔面に被弾する。下がりながら右フックをゴメスが放つも、パアルイは左ミドルを蹴りこむ。パアルイは右オーバーハンドから左フック、ゴメスも左フックを返したが、直後に右ストレートを2発被弾する。パンチを受けても下がらないゴメスの反撃を警戒して、距離を取り直すパアルイ。ゴメスは右ストレートを打ち込むが、直後に首相撲からヒザ、そしてボディフックを受ける。ここで組みを見せたゴメスは、腹が効いたか。続くテイクダウン狙いを受け止めたパアルイは首相撲から右ヒザをボディに突き上げる。

後方に倒れたゴメスにパンチ、サイドを取ってエルボー&ヒザ―をボディに続ける。潜ろうとするゴメスのバックに回ったパアルイは、引き続きワキ腹にヒザを落としていく。残り30秒、パンチを後方から連続で入れるパアルイがRNCへ。これは極めきれなかったが、完璧に試合を支配した。

最終回、フックの連打で反撃に出たゴメスが組みつくも、パアルイは初回のように投げを狙う。スクランブルからゴメスはケージにパアルイを押し込み、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。パアルイは三角絞めへ。胸を張って、一度はクラッチを解いたゴメスだが、頭が下がったところでパアルイが再び三角。ここも防いだゴメスは胸をつけて細かい右パウンドを入れる。蹴り上げを見せるが、起き上がることはできないパアルイ。ゴメスもフィニッシュにつながるようなパンチを入れることはできない。

残り70秒、体を起こしたゴメスが連打を落とす。立ち上がるとパアルイは蹴り上げ。飛び込んできたところで仕掛けた三角は担がれそうになる。パアルイは防御に徹し切り、背中をキャンバスにつけ、ゴメスがガードに入ってくると三角狙いという流れで最終回を乗り切った。結果、1&2Rを取ったパアルイが3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie