この星の格闘技を追いかける

【TTF Challenge04】圧力満点、中村優作がKOP王者・清水をスプリットで破る

Yusaku Nakamura【写真】スプリットながらKOPスーパーフライ級王者を下した中村優作、TAM JAPAN発足後の初勝利に感極まった様子だった(C)TAKUMI NAKAMURA

<フライ級/5分3R>
中村優作(日本)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
清水清隆(日本)

独特の構えでプレッシャーを与える中村、清水は左右に回って間合いを測る。と、清水が左フックから右ロー、中村は踏み込みにパンチを合わせようとする。清水の走りぬくようなテイクダウン狙いを切った中村は、続く前進に右フックを打ち込む。中村は、待ちだけでなく、自分からフェイクを混ぜて圧を掛ける。清水も右ローを思い切り蹴りこみ、中村の結界を破ろうとする。ケージ際を左右に回る清水はワンツーからローを蹴りこむ。さらに左フックから右ロー、最後のテイクダウン狙いは切られた清水だが、手数&ヒット数も中村を上回った。

2R、踏み込んでワンツーを見せた中村。一旦間合いを外し、清水は走りながら右を狙う。左で前に出た中村だが、攻撃は単発だ。中村が左ロー、清水も右ローを返す。さらに右を入れた中村は、清水の前進に右を打ち込む。動きが落ちた清水は、組まれてケージに押し込まれる。ブレイク後、中村は引き続き左ロー。清水は左を振るいながら前に出て、右ローを走らせる。続く清水のテイクダウン狙いを切った中村の右に、清水は左フックを振るう。圧力は強いが、攻撃が単発の中村。しかし、清水の手数も少なくさせる威力を持った右で2Rを取り返した。

3R、清水は右ストレートをヒット。中村は次の局面で右に右を合わせる。バランスを崩した清水は、呼吸をすると血しぶきがあがる。ドクターチェック後に試合は再開。清水は右ローから、前に出る。中村もカウンターを狙うという展開は変わらない。残り1分、意を決したように清水は右ハイから右ストレートを打ち込んでいく。中村も右フックを返し、最後も間合いの測り合いのなかで試合終了となった。結果、中村が2-1のスプリット判定勝ちを手にしたが、圧力を掛けた結果のアタックを次は期待したい。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie