この星の格闘技を追いかける

【UFN59】ATTのロサが、ブラックジリアンのソリアーノからダースでタップ奪う

<フェザー級/5分3R>
チャールズ・ロサ(米国)
Def.3R4分43秒by ダースチョーク
ショーン・ソリアーノ(米国)

スイッチを見せるロサにソリアーノは右ローを入れる。ローを連続するソリアーノだったが、ロサは蹴りに合わせてテイクダウンへ。ソリアーノはすぐにハイガードから三角絞めの態勢に入る。腕を送られないよう引き寄せ、体重を預けてディフェンスしたロサが担ぎパスへ。ソリアーノが立ち上がり、試合はスタンドへ戻る。引き続きローを続けるソリアーノに対し、ロサはスイッチを織り交ぜパンチからテイクダウンを狙う。

左ジャブから右ローで攻めるソリアーノはワンツーを被弾しても、右を返しローにつなげる。再びテイクダウンを許したソリアーノだが、すぐに立ち上がってケージ際に右フックを打ち込む。さらに左フック、右アッパーからダブルレッグのフェイントとテイクダウンを許すが、ペースはソリアーノという試合展開となった。

2R、ソリアーノは初回同様ローからパンチにつなげ、ロサもテイクダウンを狙う。ロサの右ストレートを受け鼻血を見せたソリアーノが、左ローから左ミドル、そのまま組んでテイクダウンを奪う。一旦下がるフェイントから、飛び込んでパウンドをソリアーノが落とす。後方回転から立ち上がったロサの首投げをすかしたソリアーノはバックへ回る。ロサは前方回転から足関節、起き上がったソリアーノの左腕を取って腕十字を仕掛ける。

ヒジが抜けないソリアーノだが、両足を絡ませエスケープ。即、起き上がったロサがサイドマウントへ。マウント狙いから、スクランブルの攻防でトップを取り直したロサはニーインベリーからマウント、バックマウントへ移行する。ソリアーノが胸を合わせると、ロサが立ち上がる。離れたソリアーノがダブルレッグからバックへ。胸を合わせたロサががぶってペルヴィアンチョーク、ノンストップアクションの2Rがここで終わった。

最終回、ソリアーノのテイクダウン狙いをスプロールしたロサ。直後にソリアーノはワンツーを入れる。右ローを打ち込んだソリアーノだったが、なんと首相撲から足を滑らしたのか引き込んでしまう。足を抜いてパスしたロサがマウントに。パンチを受けて背中を見せたソリアーノから、シングルフックでバックを制しロサだったが、前方に落とされる。トップコントロールに来たソリアーノに腕十字を仕掛けたロサはスラムされるも、動きの落ちたソリアーノのバックを取る。

胸を合わせた立ち上がったソリアーノは、首相撲からヒザ、左フックを見せる。ロサはケージにソリアーノを押し込みダブルレッグでテイクダウンダウン。バックを取ったロサは前方に回り込んでギロチン、続いでダースチョークへ。足をフックして回らせないロサ、とレフェリーが試合をストップする。ソリアーノは腰の辺りを一度触れ、フェイクのようなタップを見せており、レフェリーがこれを認めた形だ。積極果敢なグランド戦を仕掛けたATT所属のロサが、ブラックジリアンのソリアーノから一本勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie