この星の格闘技を追いかける

【RFA04】得意の柔術家封じ策で、パーマーがパイシャオン破る

2012.11.03

<フェザー級/5分3R>
ランス・パーマー(米国)
Def.2-1:29-28、29-28、28-29
フレジソン・パイシャオン(ブラジル)

ノヴァウニオンのデデ・ペデネイラスをセコンドに付けたパイシャオン。ノヴァ移籍後初のMMA挑戦となる。オールアメリカン・レスラーのパーマーは、サウスポーの構えから左ローを放つ。柔術ムンジアル王者パイシャオンも右ローを返す。距離の取り合いは、ややパーマー有利か、パイシャオンは手をついてカポエイラのような蹴りを見せる。全く意に介さないパーマーは距離を詰めて、左を伸ばす。

距離を取り直したパーマーが前蹴りから距離を詰めると、直後に中央での打撃戦でパーマーがダブルレッグ。パイシャオンのギロチンはすっぽ抜け、ガードを強いられる。左のパウンドを落とし、立ち上がったパーマーが、まずはポイントを稼いだ。

右フックから突っ込んだパイシャオンをいなし、トップを取ったパーマーは寝技に付き合わない。立ち上がってローを蹴りながら、パイシャオンが立ち上がるのを待ち受ける。左フックを打ち込んだパーマーは、パイシャオンのシングルレッグ狙いを簡単に切り、終了間際も蹴りを足を取られながらスタンドをキープ、逆襲の左フックを振るったところでラウンドが終わった。

2R、ワンツーで前に出てくるパイシャオンを抱え上げたパーマーは、ギロチンの形に入ったパイシャオンを叩きつけ、勢いで首を引抜く。フィジカル勝負で劣勢のパイシャオン、シッティングからフックガード、スイープを狙うが自らが立ち上がるところまで持って行けない。ブレイク後、スタンドの攻防になると左を受けたパイシャオンは、簡単にダブルレッグで倒されクローズドガードへ。

ブレイク後、パーマーはパイシャオンのローを受けるシーンも見られたが、残り1分を切って簡単にテイクダウンに成功する。潜りからヒールフックの態勢に入ったパイシャオン、パーマーは体を捩じって足を引き抜く。距離を詰めてパウンドの機会を伺うパーマーに対し、パイシャオンが再びヒールフックで狙ったところで2Rもタイムアップに。

最終回、後のないパイシャオンだが、またも簡単にテイクダウンを取られる。懸命に仕掛けるギロチンも効力がなく、クローズドガードへ。ガードから必至にエルボーを見せるのが精いっぱいのパイシャオン。しかし、頭をつけて動きの少なかったパーマーもこれでカットし、流血に見舞われる。

インサイドガードで頭をつけたままのパーマーが、徐々にパウンドの数を増やしていく。シッティングガードから、潜りを見せてスイープを仕掛けるパイシャオンだが、守りに入ったレスラーのバランスを崩すのは至難の技だ。続くスイープからの足関節を察知して、立ち上がったパーマーが、そのまま距離をとり試合終了を迎えた。

結果、チーム・アルファメール勢と柔術黒帯の対戦で幾度となく見られた、トップコントロールでのポイントアウトにより――なぜか、ジャッジ一人は彼を支持したが――パイシャオンは成す術なくパーマーに判定負けを喫した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie