この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】フライ級龍×竜対決 神酒龍一「タフな試合に」×和田竜光「一方的にやっつけちゃう」

Wada vs Miki【写真】気合の入った神酒と、大人しい口調ながら毒のあった和田(C)MMAPLANET

26日(水)、東京都新宿区のDEEP東京事務所で12月31日(水)に埼玉県さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナで開かれる「DEEP DREAM IMPACT2014~大晦日Special~」の記者会見が行われ、修斗バンタム級世界王者・神酒龍一×前DEEPフライ級王者・和田竜光の一戦が、両者が出席して発表された。

仁平仁大会実行委員長から「日本屈指、フライ級で相当良いカードです」と前置きがあった同カード。まず神酒は「DEEPという素晴らしい大会に呼んでいただき感謝しています。この試合を実現させてくれた関係者の皆さんにも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ただ、それとは別にこれは修斗とDEEPの戦だと思っているので、必ず和田選手を討ち取ります」と挨拶をした。

これに対して和田は「みき選手で話をいただいたときに、美木航選手しか知らなかったので正直、神酒選手ってあの前田吉朗選手に勝った──あの選手かって。何となくしか、知らなくて。試合とかも実際に見たことがないのですが、人伝に俺とやって倒せるとか──そういう風な話を聞いたので、普段はあんまり思わないのですが、久々にイライラしています。あのう……まぁ何か、良い形というか。ぶん殴ったり、極めたりとか、ちゃんとした形で試合を終わらせたいです」と語った。ともに落ち着いた言葉のなかに、絶対に負けられないというヒリヒリとした空気を漂わせていた龍と竜対決──両者の質疑応答は以下の通りだ。

神酒龍一

──今日の格好は意気込みの表れですか。

「そうですね。大晦日なので特に」

──どのようなテーマが?

「合戦ですね」

──和田選手の印象は?

「凄く良い選手だと思うんですけど、ただ本当に修斗とDEEPの戦ということであれば、本当はチャンピオン同士でやりたかったです。ここはサッサと和田選手を討ち取って、元谷選手に出てきてもらおうかなと思っています」

──大晦日に戦うということをどのように捉えていますか。

「去年は大晦日に格闘技はなかったという認識で自分はいます。そういうなかで本当に色々な人が苦労して大晦日大会を開いてくれることになりました。自分にとって大晦日のスーパーアリーナは凄く出たいと思っていた──アマチュアの頃から夢の舞台でした。本当に色々な想いがあるのですが、格闘技を愛してくれた人に対し、スゲェ良いモノをお見せしたいという気持ちでいます」

──どのような試合をイメージしていますか。

「自分は和田選手のことは全部できる……よく言われることなのですが、何でもできる選手だと思っています。自分もそういうタイプだと思うので、タフな試合になると思っています」

──試合間隔が空いていると思いますが、その辺りについては?

「6月の末が最後の試合ですが、特に何もないです。前の試合で勝っているとか、負けていたとかないので。常に現役なので、いつでもいってやるぞという気持ちです」

──サッカーボールキック有りルールに関しては、どのように思っていますか。

「何とも思わないです。あったらあるだけ良いかなって。向こうだけ蹴って良いとかだったら嫌ですが、僕も蹴って良いので大丈夫です」

──廣田選手、石渡選手も同じ大会に出場しますが、チームで士気は上がっていますか。

「自分が心配するようなタマではないので、奴らは。だから、まぁ全勝するだろうけど、
何よりも自分が一番良い試合、目立つ試合をして食ってやるぞと」

──同じ大晦日に行われるIGFへの対抗心は?

「IGFへの対抗心はないですが、UFCなど海外のイベントなどにも日本の格闘技の質は負けていないというところを見せたいです」

和田竜光

──(元谷選手に出てきてもらおうかという発言後に)神酒選手の言葉を受けて、どのように思いましたか。

「まぁ、この前負けてしまったので……『チャンピオンじゃないヤツは、まぁサッサとやっつけちゃいます』ってことでしょうけど、やられないように(鼻で笑い)、まぁ頑張ります」

──大晦日に戦うということをどのように捉えていますか。

「さいたまの大晦日というのは、自分にとっても夢の一つでもあります。今回、試合ができることは凄く嬉しいことだと思います。ただ試合は大晦日だから何とかっていうことは特にありません。試合が始まったら、いつも通り自分のパフォーマンスを発揮したいです」

──どのような試合をイメージしていますか。

「試合を見たことがないので、何とも言えないですけど、良い試合にはならず一方的にやっつけちゃうと思います」

──淡々とした様子でコメントされていますが、神酒選手の気合の入った格好についてどのように思われますか。

「格好良いなと思います。何のコスプレなのかなって。武士ですか? もうハロウィンは終わっちゃったんですけど、格好良いと思います」

──試合間隔が空いていると思いますが、その辺りについては?

「僕はいつも間隔が開くほうなので、特に何もないです。逆に今回は試合間隔が短いかなって思うぐらいで」

──ケージで戦うことに関しては?

「ケージの方が良いです。リングの練習なんてしたことがなくて、壁でやってきているので。多分、昔から壁の方が得意だと思います」

──CAVE勢と同様に長倉選手、小島選手と吉田道場から3名の出場となります。意気込みをお願いします。

「意気込みですか? 皆で頑張りましょうと」

──同じ大晦日に行われるIGFへの対抗心は?

「個人的にはIGFに対し、何もないです。DEEPの場でこういうことを言うのは何ですが、多くの人が格闘技を見る機会が増えて良いことだと個人的には思っています」

■DEEP DREAM IMPACT対戦カード

<DEEPライト級選手権試合/5分3R>
[王者] 北岡悟(日本)
[挑戦者] 吉田善行(日本)

<フライ級/5分3R>
元谷友貴(日本)
マット・マンザナレス(米国)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
高谷裕之(日本)

<DEEP×パンクラス対抗戦 バンタム級/5分3R>
大塚隆史(日本/DEEP)
石渡伸太郎(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 フェザー級/5分3R>
横田一則(日本/DEEP)
ISAO(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 フライ級/5分3R>
柴田“MONKEY”有哉(日本/DEEP)
清水清隆(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 バンタム級/5分3R>
北田俊亮(日本/DEEP)
中島太一(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 ライト級/5分3R>
岸本泰昭(日本/DEEP)
高橋“Bancho”良明(日本/パンクラス)

<ウェルター級/5分3R>
中村K太郎(日本)
TBA

<フライ級/5分3R>
前田吉朗(日本)
越智晴雄(日本)

<女子DEEPフェザー級(48キロ)/5分2R>
浜崎朱加(日本)
V.V Mei(日本)

<女子DEEPフライ級(45キロ)/5分2R>
しなしさとこ(日本)
濱田リカ(日本)

<女子DEEPライト級(52キロ)/5分2R>
藤野恵実(日本)
富松恵美(日本)

<女子DEEP 59キロ契約/5分2R>
杉山しずか(日本)
ライカ(日本)

<フェザー級/5分3R>
加藤友弥(日本)
キル・ヨンボック(韓国)

<バンタム級/5分2R>
釜谷真(日本)
原田ヨシキ(日本)

■オープニングファイト

<フライ級/5分3R> 
小島壮太(日本)
小林聖人(日本)

<バンタム級/5分2R>
咲間“不良先輩”ヒロト(日本)
ROY(日本)  

<ウェルター級/5分2R>
秀虎(日本)
佐藤天(日本) 

<フライ級/5分2R>
加藤直之(日本)
堀内佑馬(日本)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN