この星の格闘技を追いかける

【OFC22】水野がラフィクを手堅く下し、ミドル級戦線に生き残る

<ミドル級/5分3R>
水野竜也(日本)
Def.3-0
ブライアン・ラフィク(フランス)

左ジャブを伸ばすラフィク。水野の左ストレートの直後に組みついたラフィクがバックを取る。キムラでグラウンドに持ち込んだ水野は、そのままサイドへ。水野は腕十字に移行するも、腕がすっぽ抜ける。起き上がった水野のバックを再び取ったラフィクは、スタンドで両足をフックに掛かる。エルボーを後方に見舞う水野が胸を合わせる。残り2分10秒でレフェリーがブレイクを命じた。

右から左を伸ばす水野に対し、ラフィクは再びパンチを伸ばして組みついていく。即ブレイクが掛かると、試合はケージ中央に戻る。水野の左ハイに下がるラフィクは、右ボディからここでも組んでバックへ。水野は序盤の動きと同じようにキムラクラッチから寝技に。クラッチは解けたが、水野はトップを取って初回を戦い終えた。

2R、水野の左ミドルを受けたラフィクが、ここも組んでバックへ。水野は三度キムラで寝技へ。ヒザ十字を水野が仕掛け、そのままトップでキムラクラッチを続ける。ハーフのラフィクは、一度はバタフライでフルガードを取るもすぐに水野が左足を抜いて、パンチを落す。ラフィクがクローズドに戻すと、水野はパウンドからエルボーへ。ガードからの腕十字を防いだ水野はパンチを集中し、左ヒジをこするように落す。足を捌いて、右のパウンドを思い切り入れた水野はラフィクの足関節狙いを防ぎ、潜りには起き上がって対処する。ここでレフェリーがブレイクを命じて、試合がスタンドへ。水野は左ヒザから左右のパンチ、ラフィクが右フックを返したところで2Rが終了した。

最終回、左フックから右を伸ばすラフィクがフックを振るう。水野はヒザ蹴り、距離ができると前蹴りへ。打ち疲れか動きの落ちたラフィクを水野がケージに押し込む。早いブレイク後、下がるラフィクに水野が左を伸ばす。前に出る勢いが落ちたラフィクは、低い姿勢で組みつくこともできなくなっている。残り2分を切り、ラフィクのワンツーが軽く水野をとらえる。平気だとばかりに両手を広げた水野は、前に出てローを蹴り込む。レフェリーがアクションを求めるも、ラフィクはパンチを出して下がる。水野の突進をかわしたラフィクは右を伸ばして前へ。水野の左ハイに、左を振るいながら飛び込んだラフィク。続く右ハイに水野は左フックを合わせ、後回し蹴りを見せる。ラフィクが組みついてバックに回ったところで試合はタイムアップとなった。3-0 で勝利した水野が、OFCミドル級戦線に生き残った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY