この星の格闘技を追いかける

【Titan FC31】長谷川賢、タフな一戦を制し北米デビュー戦で判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
長谷川賢(日本)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
マット・トンプソン(米国)

長身のトンプソンに対し、サウスポーの長谷川が左から右を振るう。トンプソンの蹴り足をキャッチした長谷川はそのままテイクダウンを決め、パウンドを落していく。ケージ際でパンチを受けたトンプソンが蹴り上げを見せるも、長谷川は構わず右パウンドを続ける。ガードのなかからエルボーとパウンドを放つ長谷川だが、トンプソンが立ち上って胸を合せてくると姿勢を崩し、マウントを取られる。

トンプソンはバックマウント、四の字フックを取っており長谷川は前方に落せない。と、胸を合せてトップを取り返した長谷川が、蹴り上げを捌き、担ぎパスからサイドへ。残り1分を切り、長谷川は胸を合せて左エルボーを顔面に入れる。最後は立ち上がった長谷川が初回を取った。

2R、左フックから右ストレート、さらに左を続けた長谷川。トンプソンも左ジャブや右ストレートを伸ばすが、長谷川のパンチの方が勢いがある。鼻血を見せるトンプソンに左右のフックを入れた長谷川は、ローに左を合わされる場面も。それでも長谷川の勢いは止まらず左フックを打ち込み、目先を変えてテイクダウンを仕掛ける。トンプソンはここで長谷川のボディにヒザを突き刺す。右ジャブにもヒザを合わせるトンプソン。長谷川は左フックから右フックを見せ、右ジャブ、そして左ストレートを入れる。タフなトンプソンはこの直後に、ヒザ蹴りからボディにパンチを決める。

終盤、トンプソンは右クロスから右ハイ、これをかわした長谷川は右ジャブ、左を伸ばす。被弾しても前に出てくるトンプソンがヒザ蹴りから前進し、最後の最後で連打を打ち込む。ジャッジによってはトンプソンのラウンドとすることも十分にありえる2Rが終了した。

最終回、前に出る長谷川がニータップの要領でテイクダウンを奪う。長谷川はインサイドに入り右エルボーを放つ。その後、パスに成功し、サイドでしっかりと固め上四方へ。トンプソンはここで後転して長谷川のバックに回りこもうとする。ここで前方に落されたトンプソンが三角絞めから腕を伸ばしに掛かる。長谷川は担いでパス。サイドを取った長谷川だが、何とレフェリーがブレイクを命じる。

千載一遇のチャンスを得たトンプソンが、パンチの連打から右ハイ。崩れるようにテイクダウンにいった長谷川のバックを取ったトンプソンはキムラクラッチへ。残り1分、わきを潜ってバックに回った長谷川に対し、トンプソンは立ち上がって胸を合わせる。残り30秒、距離を取りなおした両者。長谷川はテイクダウン狙いからがぶる。トンプソンも足首を掴んで上を取ろうとするが――スクランブルから両者が立ち上ったところで、試合はタイムアップに。

試合を支配している時間は長谷川の方が長かったが、打撃を被弾した印象も長谷川の方が強い。果たしてジャッジの裁定は――3者とも29-28で長谷川がタフな北米デビュー戦を勝利で飾った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY