この星の格闘技を追いかける

【No-Gi Worlds 2014】パンチなしでも強いベンソン・ヘンダーソンがミドル級で3位入賞を果たす

Henderson【写真】JT・トレス欠場のなか、ミドル級も盛り上げ3位入賞を果たしたベンソン・ヘンダーソン (C) Kenny Jewel /GrappleTv

4~5日(土~日・現地時間)、カリフォルニア州アズサにあるアズサ・パシフィック大学内フェリックス・イベントセンターで開催されたIBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権レポート第2弾。同大会のミドル級にはノーギらしく、MMAファイター、しかも大物が出場した。前UFC世界ライト級王者ベンソン・ヘンダーソンの活躍を中心にライト級&ミドル級の模様をお伝えしたい。

【ライト級】

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

<決勝/10分1R>
AJ・アガザーム(グレイシー・バッハ)
Def. 2-0
ホドリゴ・フレイタス(グレイシー・バッハ)

テイクダウンからのトップゲームで勝ち上がったグレイシーバッハのAJ・アガザームが、グレイシーバッハのフレイタスと決勝に勝ち残る。柔術界の仕来たり=優勝シェアやフレンドリーファイトでなく、10年以上前から同門を決勝を行ってきたバッハ勢らしく、ここでも同門決勝戦を敢行。序盤にテイクダウンで先制したアガザームが、その2点を護り切り優勝を果たした。

【ミドル級】
本命JT・トレスが欠場したミドル級。注目の前UFライト級王者ベンソン・ヘンダーソンは、当然のように爪楊枝を口にくわえたまま試合を敢行し快進撃を見せた。1回戦ではリオ・イトゥラーデ、準々決勝ではホムロ・カバウカンテからテイクダウンを奪うと、強力なベースでスイープを許さず相手を削り、後半はパスを決めて完勝し準決勝進出を果たした。

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

(C) Kenny Jewel /GrappleTv

<準決勝/10分1R>
マルセロ・マフラ(チェッキマット)
Def. 4-2
ベンソン・ヘンダーソン(ソウルファイターズ)

レスリングも得意とするマフラは、序盤はベンヘンが繰り出す鋭いテイクダウンを切るなどスタンドで互角に渡り合う。やがてハーフに引き込んだマフラは、アームドラッグでベンヘンの体勢を崩すと次の瞬間バックへ回り込む。すかさず立ち上がったベンヘンは、マフラに両足フックを許さず、またグラウンドに引きずり込もうとするマフラに対して強靭な足腰でそれも許さない。それでもマフラがアドバンを先制し、スタンドに戻ると今度はベンヘンがシングルレッグに。マフラの足を抱えるとそのまま場外まで押して、アドバンを取り返すことに成功した。

3分経過時点で再びハーフに引き込んだマフラは、またしてもアームドラッグ。今度はベンヘンに立ち上がる隙を与えずにシングルバックの体勢に入り、やがて両足フックを完成して4点先制してみせる。さらに体を伸ばされて万事休すかと思われたが、ベンヘンは基本に忠実に体をずらしてハーフ、そしてバタフライの姿勢に戻すことに成功する。

決勝戦は、ベンヘンを倒したマフラがチェッキマットの同門チアゴ・アベルーと優勝をシェアした(C) Kenny Jewel /GrappleTv

決勝戦は、ベンヘンを倒したマフラがチェッキマットの同門チアゴ・アベルーと優勝をシェアした(C) Kenny Jewel /GrappleTv

試合がスタンドに戻ると、リードされたベンヘンは軽いステップから積極的にテイクダウンを仕掛けていく。が、マフラは下がりながら対処。やがてマフラにマイナスアドバンが入る。それでも下がって防御に徹する場面の目立つマフラに、とうとうレフェリーは2点減点を宣告する。あと一度のマイナスで失格という場面に追い込まれたマフラだが、前に出てくるベンヘンに見事な膝付き背負いを決めてアドバンを加算。

ますます気合いが入って前進を続けるベンヘンに対して、マフラは残り1分でハーフに引き込む。果敢にパスを仕掛けるベンヘンだが、マフラは巧妙にいなし続けて時間切れに。無尽蔵のスタミナを誇るベンヘンを、柔術家マフラが捌ききっての勝利となった。

試合終了後も口の間から爪楊枝を覗かせつつ、笑顔でステップを踏み続けていたベンヘン。テイクダウンだけに頼るのではなく、黒帯柔術家たちから何度もパスを奪っての3位入賞は快挙といえるだろう。エリオ系柔術を学びつつ、タンキーニョら怪物世界王者とも練習を積むこのMMA界のスーパーアスリートには、今後もぜひグラップリングの試合に出てさらなる進化を見せてほしいところだ。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie