この星の格闘技を追いかける

【WSOF14】ジャレッド・ハーマン、14カ月振りの復帰戦=WSOF初陣をTKOで飾る

<フェザー級/5分3R>
ジャレッド・ハーマン(米国)
Def.1R2分27秒by TKO
リューク・ハリス(カナダ)

UFCを2勝4敗でリリースされ、実に1年2カ月振りのファイトでWSOF初戦を10勝2敗のハリスと戦うこととなったハーマン。左フックから前に出るハリス、ハーマンが右ローを返す。ハーマンの左ローにハリスが右フックで突っ込み組んでいく。一度離れたハリスがすぐに組み直すと、ともにボディをヒザに打ち合う。ハーマンのパンチを被弾して距離を取り直したハリスはジャブにも果敢に前に出ていき、エルボーやジャブを伸ばす。しかし、基本はグラップラーのハリスは、この勇猛さが裏目とでた。右クロスを皮切りにハーマンのパンチを被弾するシーンが増えてくる。

ケージ際に追い込まれ、右フックで動きが落ちるハリス。ハーマンが連打に身を晒されると何度となく右を顔面に打ち込まれ、最後は右ストレートでハリスは両ヒザから崩れ落ち、試合は決した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie