この星の格闘技を追いかける

エドガー、判定結果に怒りを露わ。岡見快勝も光岡は無念の敗戦

2012年8月11日(土・現地時間)、コロラド州デンバーのペプシ・センターでは、UFC150「Henderson vs. Edgar II」が開催された。

メインイベントは、今年の2月26日にさいたまスーパーアリーナで行われたUFC JAPAN=UFC144「Edgar vs Henderson」より、王者と挑戦者を入れ替えての再戦となるUFC世界ライト級選手権試合、ベンソン・ヘンダーソン×フランク・エドガーの一戦だ。

前回の対戦同様、拮抗した展開となったメインは、初回からベン・ヘンがローでエドガーのバランスを崩し、テイクダウン狙いをギロチンで切り返すなど試合を優勢に進める。だが、エドガーも2Rにはパンチを放つベン・ヘンから右ストレートでダウンを奪い、すぐさまラウンドを取り戻す。後半はテイクダウンに成功したエドガーががぶりからギロチンを狙い、対するベン・ヘンもグラウンド状態から変則的な蹴りをみせるなど、見せ場を作ったが、両者決定機のないまま試合はタイムアップを迎えた。

1Rは王者、3Rは微妙、2Rと4Rはエドガー、5Rもエドガーがスピードと距離で自分のリズムで戦っていたように見えたが……、ジャッジのスコアは、スプリットでベン・ヘンの勝利を支持。敗れたエドガーは、キャップを投げ捨て怒りを露わにしている。

セミファイナルのライト級戦、ドナルド・セラーニ×メルビン・ギラードの一戦では、セラーニのパンチにギラードが左のフックをあわせてダウンを奪うと、パンチ&ヒザ蹴りで一気呵成に攻めたてた。それでも、これを凌いだセラーニは、左ハイキックでギラードの頭部を打ち抜くと、足元がおぼつかなくなったギラードにとどめのパンチを叩き込み、大逆転のKO勝利を挙げた。

また、アンデウソン・シウバの持つミドル級王座挑戦に続き、再起の一戦もティム・ブーシュに敗れ、後がない状態でバディ・ロバーツ戦を迎えた岡見勇信は、初回からバックを制し、バックマウントから相手の側頭部にパンチを叩き込むなど、自分のペースで試合を進めると、2Rも同様の展開となり、2R3分TKOで21カ月ぶりの勝利。試合後はケージに登って喜びを爆発させた。

第一試合に出場した光岡映二は、ともにフェザー級初戦となるニック・レンツと対戦するも、開始から打撃、組み合いで後手に回る苦しい展開に。前方へのスラムでテイクダウンを許し、両足フックをされるとパウンドの連打に沈んだ。

第10試合 UFC世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]

○ベンソン・ヘンダーソン

(米国)

5R終了

判定

詳細はコチラ

[挑戦者]

フランク・エドガー×

(米国)

第9試合 ライト級/5分3R
○ドナルド・セラーニ

(米国)

1R1分16秒

KO

詳細はコチラ

メルビン・ギラード×

(米国)

第8試合 ミドル級/5分3R
○ジェイク・シールズ

(米国)

3R終了

判定

詳細はコチラ

エド・ハーマン×

(米国)

第7試合 ミドル級/5分3R
○岡見勇信

(日本)

2R3分05秒

TKO

詳細はコチラ

バディ・ロバーツ×

(米国)

第6試合 フェザー級/5分3R
○マックス・ホロウェイ

(米国)

2R4分49秒

TKO

詳細はコチラ

ジャスティン・ローレンス×

(米国)

第5試合 フェザー級/5分3R
○デニス・ベルムデス

(米国)

1R4分43秒

ギロチンチョーク

詳細はコチラ

トミー・ハイデン×

(米国)

第4試合 ミドル級/5分3R
○マイケル・カイパー

(オランダ)

2R2分16秒

TKO

詳細はコチラ

ジャレッド・ハマン×

(米国)

第3試合 バンタム級/5分3R
○エリック・ペレス

(メキシコ)

1R0分17秒

TKO

詳細はコチラ

ケン・ストーン×

(米国)

第2試合 バンタム級/5分3R
○チコ・カムス

(米国)

3R終了

判定

詳細はコチラ

ダスティン・ペイグ×

(米国)

第1試合 フェザー級/5分3R
○ニック・レンツ

(米国)

1R3分45秒

TKO

詳細はコチラ

光岡映二×

(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday