この星の格闘技を追いかける

【OFC19】大石が王座陥落、ナラントンガラグの圧力に押されて判定負け

Narantungalag vs Oishi【写真】死力を尽くした戦いは、大石の右を受けても倒れなかったトンガーに軍配が挙がった(C)MMAPLANET

<OFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
ジャダンバ・ナラントンガラグ(モンゴル)
Def.3-0
大石幸史(日本)

左を伸ばしてプレッシャーをかけるナラントンガラグ。大石はケージ内を大きくステップする。ナラントンガラグは右ロー、左右のフック。大石はしっかりガードを固めてジャブを返す。お互いに間合いを探る展開が続く中、ナラントンガラグが左ミドルから組みつく。

突き放して距離を取る大石、ナラントンガラグは左フックから飛び込んで大石をケージに押し込む。大石を持ち上げてテイクダウンするも、大石は背中を見せて立ち上がる。ナラントンガラグはバックコントロールしながら大石の顔面や腿にヒザ蹴りを入れる。残り30秒で両者が正対、ナラントンガラグが大石をケージに押し込む形でラウンド終了となった。

2Rも大石がケージ内を大きく使い、ナラントンガラグがプレッシャーをかける展開で幕開け。ナラントンガラグが右ローと右ストレート、左フック。大石もジャブを返して右ストレートを狙うが、ナラントンガラグも右のパンチを振って下がらない。ナラントンガラグが右ローを蹴ると、大石は右ストレート。パンチで飛び込んでくるナラントンガラグに大石が左フックを狙う。

前に出るナラントンガラグが右ストレート、右ボディ、右フックと畳み掛け、大石からテイクダウンを奪う。亀になる大石にナラントンガラグはパンチ、ヒジ、ヒザ蹴りを連打。ディフェンス一辺倒の大石だったが、ケージまで移動して立ち上がり、リアネイキッドチョークを狙うナラントンガラグを前に落としてハーフガードで上になる。最後は大石がトップポジションからパンチとヒジを落とした。

3R、左目下が腫れている大石、ジャブから右ストレートを狙う。圧力をかけ続けるナラントンガラグは顔面とボディにフックを打ち分ける。大石の右ストレートとナラントンガラグの右ストレートが相打ち。ナラントンガラグが左ハイキックを蹴ると、大石が蹴り足をすくってナラントンガラグをテイクダウンするが深追いはせず、試合はスタンドに戻る。

ジャブを突いて左ミドルと右ロー、右フックで飛び込むナラントンガラグ。大石も得意の右ストレートを当てて反撃。ナラントンガラグをケージに詰めて右ストレートを叩き込む。態勢を立て直したナラントンガラグはバックスピンキックを顔面とボディにで繰り出した。

4R、ダブルレッグで組みつくナラントンガラグ。大石を持ち上げるようにしてテイクダウンするが、大石は背中を見せて立ち上がり、すぐさま正対する。距離が離れると大石が右ストレート、ナラントンガラグはパンチ&ヒザ蹴りで前に出てダブルレッグへ。背中を見せて立ち上がる大石の顔面にヒジを入れ、正対して大石をケージに押し込む。

ブレイク後、右フックのプレッシャーで前に出るナラントンガラグ。下がる大石もナラントンガラグの右ボディに右ストレートを合わせる。前に出るナラントンガラグに右ストレートを狙う大石という展開が続く中、ナラントンガラグが右ハイキックと右アッパーを当て、大石をケージまで押し込む。ここもブレイクとなり試合はスタンドで再開。ナラントンガラグが右フック、左ヒジ、右ローと手数を増やす。

5R、大石が右ボディから左フック、ワンツーを狙う。ナラントンガラグは右ハイキックから前に出るが、大石のコンパクトな右ストレートがナラントンガラグの顔面をとらえる。ナラントンガラグは左右のフック、飛び込むような右ストレートで前進。右ロー、顔面前蹴りと蹴り技も散らす。ややパンチの振りが大きいナラントンガラグに対して、大石は右ストレートの合わせを狙う。

しかしラウンド中盤、ナラントンガラグがダブルレッグでテイクダウンを奪うと、立ち上がろうとする大石の後ろに回り込み、両足をフックしない形でリアネイキッドチョークへ。そのままブルドックチョークのような形となり、ナラントンガラグは大石の首を抱えたままパンチを入れる。
残り30秒、大石が首を抜いてバックにつくが、ナラントンガラグもすぐに正対。大石をバックコントロールしてヒザ蹴りを入れたところで試合終了となった。

得意の右ストレートを叩き込む場面もあった大石だが、ナラントンガラグの圧力に押され、テイクダウンの攻防でも後手に回り、判定負け。ナラントンガラグが新王座に就いた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie