この星の格闘技を追いかける

【UFN44】消耗戦はスプリット判定でエレンバーガーがモノにする

2014.06.29

<ライト級/5分3R>
ジョー・エレンバーガー(米国)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ジェイムス・ムンタスリ(米国)

ジェイク・エレンバーガーをセコンドに従えたジョー、RFAの蹴り技師ムンタスリ。右ストレートから組みついたエレンバーガーがムンタスリをケージに押し込む。オーバーフックからアゴのラインを押して隙間をムンタスリが作る。エレンバーガーは距離を取り直し、すぐにダブルレッグへ。もう一度エレンバーガーが距離を取ると、ムンタスリはヒザ蹴りへ。バランスを崩したムンタスリをがぶったエレンバーガーがヒザをボディに突き刺す。

立ち上ったムンタスリだが、腹は効いているか。と接近戦でムンタスリの右アッパーがエレンバーガーを直撃し、ダウンを奪う。足にしがみつこうとするエレンバーガーにパンチを落とし、引き込むと鉄槌から左のパウンドを連打する。ムンタスリは立ち上がり、スタンドでブレイクを待つ。ブレイク後、ショートの連打から左ハイ、さらに左アッパーをヒットさせるムンタスリ。亀からガードを取ったエレンバーガーにムンタスリはパンチを連続で落とし、担ぎからパスへ。

さらにマウントを狙うも、エレンバーガーが左腕を差す。ムンタスリは再び立ってパンチから担ぎへ。ムンタスリのビッグラウンドとなった。2R、右目が塞がっているエレンバーガーだが、試合は続行される。ムンタスリの後ろ回し蹴りに組みついたエレンバーガーがバックへ。亀になったムンタスリからワンフック、さらにRNCを狙う。パンチに切り替え、左のパウンドを落すエレンバーガーは仰向けになりRNC、ムンタスリの動きに合わせてマウントに移行する。ムンタスリがハーフに戻しても強烈なエルボーを落とし、ダースチョークへ。初回の猛攻から一転、大ピンチを迎えたムンタスリは何とかここを切りに抜けると、シングルを切ってヒザを突いた状態で右ストレートを放つ。

攻め疲れかガードを取ったエレンバーガーは動きが鈍く、ハーフでパンチを被弾する。エレンバーガーがフルガードに戻すと、ムンタスリもまた動けない。残り1分、レフェリーのブレイクにもなかなか応じられないエレンバーガーだったが、立ち上がるとすぐにテイクダウンからバックへ。そのままパンチを背中越しに放ち続けたエレンバーガーがラウンドを取り返した。

3R、ケージにムンタスリをエレンバーガーが押し込むも、すぐにレフェリーがブレイクを命じる。ハイの応酬はムンタスリに部があったが、直後にエレンバーガーがテイクダウンに成功する。腰をコントロールされたムンタスリは、笑顔&舌を出してパンチを落す。立ち上がると、またもレフェリーがブレイク。

疲れた状態でのケージ・レスリングを許さないレフェリングだが、これだけ疲弊すると、彼が望むような打撃戦に発展することはない。距離を取る両者、エレンバーガーが組みついていく。ダブルレッグでムンタスリをケージにドライブしたエレンバーガーが、頭を入れて旋回しオクタゴン中央に向けてテイクダウンへ。頭が前に出過ぎて前方に崩れたエレンバーガーは、引き込んでガードを取る。

インサイド・ガードから勢いのないパンチを落すムンタスリ。残り10秒で立ち上がって、アブドラ・ザ・ブッチャーばりのエルボー・ドロップを落したところでタイムアップを迎える。ダメージと攻め疲れた両者、最後はテイクダウンで上回ったエレンバーガーがスプリットで勝利を手にした。

PR
PR

関連記事

Movie