この星の格闘技を追いかける

【UFC140】ミアー歴史的勝利、ノゲイラ兄から初タップ奪う

<ヘビー級/5分3R>
フランク・ミアー(米国)
Def.1R3分38秒 by キムラアームロック
アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ(ブラジル)

左ジャブを伸ばすミノタウロ。続いて右を伸ばし、ミアーの左をかわし組みついていく。細かい右フックを見せるミノタウロに対し、頭を肩につけてパンチを入れさせないようにしたミアーが、体を入れ替えていく。

何度となく体勢を入れ替える両者。ケージを背にしたミノタウロが両脇を差して、ミアーを再びケージに押し込むが、ミアーがテイクダウンを奪う。ワキを差したまま、すぐに立ち上がったミノタウロは、右エルボー、右フック、さらに右エルボーから、ヒザ蹴り、左ストレートを打ち込む。

少し下がり、ミノタウロが右ストレートをヒットさせると、ミアーはダウン。パウンドを落としたミノタウロが、アナコンダチョークに出るが、ミアーは首を引き抜いてトップへ。さらにミノタウロがスイッチからバックを奪うと、ミアーはキムラアームロックを仕掛ける。

顔をしかめながらロールし、トップに取ろうとしたミノタウロだが、さらに一回転したミアーが、渾身の力を込めると、ミノタウロの右腕は考えられない方向に曲がる。同時に、ミアーの背中を左手でタップしたミノタウロ。肩が抜けたか、腕を負傷したことは明らか。ミアーがKO勝ちに続き、ミノタウロから42戦目にして初めてタップを奪うという歴史的勝利で返り討ちを果たした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie