この星の格闘技を追いかける

【UFC136】毒舌ソネンと英雄スタン、注目はステッピング!?

Sonnen8日(土・現地時間)にテキサス州ヒューストンのトヨタ・センターで行われるUFC 136「Edgar vs Maynard」はライト級とフェザー級のダブルクラウン・イベントだが、29日(土・同)のUFC137とともにPPV&プレリミ、いずれをとっても見所満載の金太郎飴興行となっている。

【写真】毒舌ぶりばかりでなく、試合の組み立て方にも注目したいチェール・ソネン (C) MMAPLANET

そんなUFC136のPPVカードで一際注目を集めるのが、チェール・ソネンの復帰戦=ブライアン・スタン戦といえる。昨年8月、アンデウソン・シウバがUFC参戦以来、最も追い詰めたソネンは、その大会後にドラッグテストで陽性反応が出る。

不動産にまつわる問題や、ブラジル人ファイターに関しての毒舌、岡見勇信のセコンドにつくと宣言し、ブラジル大会で彼のスポンサーとなったプレトリアンが、「ソネンがセコンドにつくならスポンサードできない。ブラジルでのダメージが大き過ぎる」と申し出るなど、オクタゴン外でお騒がせ振りを発揮し続けてきた。


現在、放送中のTUFシーズン14のコーチ、マイケル・ビスピンとメイヘム・ミラーに並ぶ強烈な個性を持つソネンだが、その実力は他を抜きんでているといっても過言でない。グレコローマンをベースに持つ、ソネンの強さはそのテイクダウン能力にあったが、その実、強烈な左ストレートを持つことは見逃せない。

ソネンの左ストレートの精度が高いのは、右リードジャブとステッピングにある。右リードジャブで相手の視線を逸らす、あるいは右斜め前に踏み込んで左ストレートを放つため、ソネンはカウンターを受けることが少ない。

Stan【写真】現在3連勝、全て一本勝ちかTKOという強さを見せるブライアン・スタン。シルバースター勲章を授与された戦果の英雄は、精神力の強さも当然持ち合わせている(C)GONG KAKUTOGI

この相手の斜め前に移動するステッピング、対戦相手スタンの最近の試合でも見られる動きだ。オーソドックスのスタンは左斜め前に動き、右ストレートを伸ばす。このため、彼の対戦相手が放った拳の位置に、既にスタンは立っておらずパンチを被弾するシーンが少ない。このステッピングは、カウンターを受けないと同時にテイクダウン・ディフェンスの役目も果たしている。

斜め前に踏み出し、パンチを打ち込むことで、彼の頭は対戦相手の正面になく、体も同時に移動するため、そこに組み付くべき目標を対戦相手は失ってしまう。この術中にはまってしまったのが、前回スタンと戦った――鳴り物入りでUFCにカムバックしたジョルジ・サンチアゴだった。

抜群のパンチ力に隠されたステッピングの効力、サウスポー×オーソドックの対戦となる両者の対戦は、その足の移動を見るだけでも、現代MMAを理解できる教科書のような試合になるに違いない。

■UFC136「EDGAR vs MAYNARD 3」全対戦カード

<UFC世界ライト級選手権試合/5分5R>
[王者]フランク・エドガー(米国)
[挑戦者]グレイ・メイナード(米国)

<UFC世界フェザー級選手権試合/5分5R>
[王者]ジョゼ・アルド(ブラジル)
[挑戦者]ケニー・フロリアン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ブライアン・スタン(米国)
チェール・ソネン(米国)

<ライト級/5分3R>
ジョー・ローゾン(米国)
メルビン・ギラード(米国)

<フェザー級/5分3R>
レオナルド・ガルシア(米国)
ナム・ファン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ジョルジ・サンチアゴ(ブラジル)
デミアン・マイア(ブラジル)

<ライト級/5分3R>
アンソニー・ペティス(米国)
ジェレミー・スティーブンス(米国)

<ヘビー級/5分3R>
ジョーイ・ベルトラン(米国)
スタイプ・ミオシッチ(米国)

<フェザー級/5分3R>
ダレン・エルキンス(米国)
ヂャン・ティェカン(中国)

<ミドル級/5分3R>
アーロン・シンプソン(米国)
エリック・シャファー(米国)

<ライトヘビー級/5分3R>
スティーブ・キャントウェル(米国)
マイク・マッセンツィオ(米国)

<UFCアルティメット・コレクターシリーズ>
大人気、Round 5の新作UFCフィギュアシリーズ絶賛予約受付中!
GSP、フランク・エドガーらに加え、ユライア・フェイバー、オクタゴンガール=アリアニー・セレステらも登場。予定個数に達した時点で受付終了となります。ご予約はお早めに!!
詳細をチェック

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie