この星の格闘技を追いかける

【Bellator222】40代レジェンド対決で現役振りを見せたリョート。敗れたソネンは「終わった」と引退

<ライトヘビー級/5分3R>
リョート・マチダ(ブラジル)
Def.2R0分22秒by TKO
チェール・ソネン(米国)

試合開始直後に予想通り組んでいったソネンが、ケージにリョートを押し込んでいく。ボディにヒザを入れるソネンだが、体を入れ替えて離れたリョートが右ミドルを入れる。パンチが荒くなったソネンだが、テイクダウン狙いからスクランブルでバックへ。リョートが胸を合わせると、ソネンは左腕を差してケージに押し込む。リョートは体を入れ替えて、ここも離れると右ミドルを2発入れて、飛びヒザへ。右ヒザの直撃を受けて倒れたソネンにパン、鉄槌を連打する。

ハーフで固めようとするソネンにヒジを落としたリョートは、クローズドガードの中に収まり、ヒジを続ける。足を捌いてバックに回ったリョートに対し、ガードを取ってからすぐに背中を見せたソネンはパンチを被弾しながら立ち上がり正対する。リョートはタイムが来るのを待ち、初回をビッグラウンドとした。

2R、果敢に前に出てきて組もうとしたソネンにリョートが飛びヒザを再び決める。倒れたソネンに右の鉄槌&パンチを続けたリョートが40代レジェンド対決で──現役振りを見せつけてTKO勝ちを収めた。

「チェールにここに来てくれて感謝している。あの重いヒザを受けてチェールが粘るとは思っていなかった」と勝者は試合を振り返った。一方のソネンは「本来は初回で負けていた。スコット・コーカーが結んでくれた5試合を戦い切った。終わった。グッバイ」と話し、グローブをマットに置いた。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie