この星の格闘技を追いかける

【Challengers】赤野が無念の決勝敗退、優勝はテイト

Tate vs Akano
赤野仁美、無念。13日(金・現地時間)にアリゾナ州フェニックスのダッジ・シアターで行なわれたStrikeforce Challengers。女子ウェルター級ワンナイト・トーナメントに出場した赤野は、決勝戦でミーシャ・テイトに敗れ、トーナメント準優勝に終わった。

3分×2Rという瞬発力+ゲームメイキングが大きくモノをいう試合形式で、赤野はバックを許しながら腕関節を狙うというハイリスク・ハイリターンの戦法で挑みながらも、初戦は見事にカリーナ・ダムに腕ひしぎ十字固めを極め、決勝戦へ駒を進めた。

決勝の相手となった本命テイトは、初戦でマイユ・クヤラの打撃+腰の強さにやや苦戦を強いられたが、しっかりとラウンド終盤にはテイクダウンを奪い判定勝ちでファイナルの舞台へ。決勝は3R、赤野は初回にアンクルを極めそうになるが、2R&3Rは投げを打ってからバックを奪われ、足のフックを許すなど劣勢に。最後まで関節を狙う姿勢を見せ続けた赤野だが、亀からの攻めやポジションを許してからの関節技狙いは、ポイントメイキングに優れたテイトに凌がれ、グラウンドコントロール力に屈した形となった。

なお、メインのキャッチウェイトマッチは地元のジョー・リッグスが、ルイス・テイラーをパウンドで下し、鉄人Jr=ライアン・クートゥアーはMMAデビュー戦で見事な三角絞めを極めている。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie