この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX11】ヒーリーの得意パターン封じ、マスヴィダル勝利

2014.04.20

<ライト級/5分3R>
ホルヘ・マスヴィダル(米国)
Def.3-0:30-27,30-27,29-28
パット・ヒーリー(米国)

元ストライクフォース勢の生き残り合戦。サウスポーのマスヴィダルが右サイドキックをヒザに放っていく。右ローを返すヒーリー。マスヴィダルはサイドキックから左ストレートを伸ばす。真っ直ぐパンチを受けながら前に出るヒーリーだが、テイクダウンは奪えない。マスヴィダルの左を被弾しながら、右をヒットさせてシングルレッグで組みついたヒーリー、マスヴィダルはギロチンへ。ヒーリーが首を引抜くと、マスヴィダルは足を引抜いて間合いを取り直す。

左右のボディショットから組みついたヒーリーが腰をコントロールして尻餅をつかせる。すぐに立ち上がったマスヴィダルがヒザ蹴り、ヒーリーは左ボディから右エルボーを入れてシングル、ハイクロッチ、ダブルに切り替えた後にヒザをボディに突き上げる。距離を取った両者、マスヴィダルは右エルボーから、左ミドルを入れる。マスヴィダルの小手投げにより同体でグラウンドへ移行した両者、ヒーリーが足を取りに行き、マスヴィダルががぶる。離れてスタンドに戻ったところで初回が終了となった。

2R、パンチから組んでケージに押し込むという展開を続けるヒーリー。両者離れて打撃の間合いになると、マスヴィダルはサイドキックから右ジャブ、ワンツーを入れる。ケージに押し込まれたマスヴィダルは、体を入れ替えて距離を取ると、後回し蹴り。さらにワンツーを打ちこむ。右ストレートから左フック、ダブルレッグで尻餅をつかせたヒーリーがバックへ。マスヴィダルは腕を剥がせず、首を抱えにいく。ヒーリーのボディショットにボディへのヒザを入れたマスヴィダル、離れたヒーリーが肩で息をしている。

最終回、右ストレートを被弾しながら組みついたヒーリーだが、ここでもテイクダウンを奪えず体を入れ替えられてしまう。距離を取ったマスヴィダルは左ハイから左ミドル、ヒーリーはここでも組みに行くが、逆に押し込まれる。離れたマスヴィダル、ヒーリーは組んで腰をコントロールすると後方に投げ捨てる。前方回転からトップを取りにいったマスヴィダルが、エルボーを落す。ケージを利して立ち上がったヒーリーだが、マスヴィダルはボディロックからテイクダウンへ。ヒーリーの得意パターンを逆に決めたマスヴィダルは続いてバックへ。

ヒーリーは前方回転から起き上がって右足を取りに行くも、頭が外に出ておりバックを取られそうになる。さすがにここは修正したヒーリーだったが、正面から向き合ってもテイクダウンを取れず、マスヴィダルに離れられたところでタイムアップに。ヒーリーの組みを凌いで、打撃を入れたマスヴィダルが、 3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie