この星の格闘技を追いかける

【UFC170】デイヴィスが女子ランカー対決制し、UFC3連勝

2014.02.23

<女子バンタム級/5分3R>
アレクシス・デイヴィス(カナダ/3位)
Def.2-1: 28-29, 29-28, 29-28
ジェシカ・アイ(米国/5位)

サラ・カフマン戦の微妙な勝利をマリファナ使用が発覚しノーコンテストとなったアイが、出直しの一戦でオクタゴン2連勝中のデイヴィスと対戦する。細かいパンチをまとめた合い、クリンチからパンチを入れると、デイヴィスがヒザをボディに突き上げる。アイはデイヴィスをケージに押し込み、離れ際にショートフックを放つ。

デイヴィスの右に左を合わせたアイは、デイヴィスの前蹴りを受けても構わず組んでケージに押し込む。残り3分を切り、レフェリーがブレイクを命じ試合はオクタゴン中央へ。デイヴィスのローにパンチを合わせたアイが、首相撲からヒザを見せ離れ際に右フックを伸ばす。クリンチでパンチが交錯後、デイヴィスがボディロックからケージにアイを押し込む。ヒザを連続でボディに突き上げたデイヴィス、アイがヒザを返しながら体を入れ替えて距離を取る。残り30秒、デイヴィスがテイクダウンを決めサイドへ。エルボーを落してラウンドをまとめた。

2R、ワンツーを入れたデイヴィス、アイがエルボーを返す。デイヴィスはアイの蹴り足を掴んで、ムエタイ風に足払いからテイクダウンを成功させる。ハーフから脇差しパスを狙うデイヴィスは、アームロックへ。アイが粘るとエルボーに切り替え、完全にグラウンド戦を制する。足を抜かせないことで精いっぱいのアイは、ワキをさしてもバックをつかれそうになる。ハーフをキープしたアイは、その分パンチを被弾することになった。

最終回、互いにローを蹴り合い間合いを測る展開のなか、アイがジャブを伸ばす。アイの右で動きが止まったデイヴィスはテイクダウンを切られる。ショートを連打したアイは、デイヴィスの蹴り足をキャッチしてパンチを入れる。動きが少なくなったデイヴィス、アイはここに来て左ジャブを幾度となくヒットさせる。試合はこのまま決定打なく終了し、スプリットでデイヴィスが逃げ切った。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF