この星の格闘技を追いかける

【UFN36】横綱相撲見せたジャカレ、完勝で王座挑戦アピール

<ミドル級/5分3R>
ジャカレ・ソウザ(ブラジル/3位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 30-27
フランソワ・カルモン(フランス/8位)

母国のファンの大きな声援を受けるジャカレ。カルモンが左の前蹴りを見せる。頭を振るジャカレ、カルモンが右フックを入れる。後ろ回し蹴りから組みついたジャカレは、即バックに回りグラウンドへ移行。そのまま四の字フックでバックマウントを奪取する。右の手首を手繰るカルモンだが、ジャカレが冷静にパンチを入れる。腹這いになり立ち上がろうとするカルモン。ジャカレは許さず、背中をキャンバスにつける。

残り2分を切り、左腕を一気に喉元に差し込んだジャカレ。苦しげな表情を浮かべるが、カルモンが両手で剥がして難を逃れる。残り数秒というところで、カルモンは胸を合せて初回を乗り切った。

2R、右ローを蹴り込むカルモンの左ジャブをヘッドスリップでさけ、ロー&右フックから組みつくジャカレ。自ら距離を取ったジャカレは、左ボディフックを見せる。カルモンは右ローを続け、間合いは計る。右を振るいながら前に出るジャカレは、後回し蹴りへ。両手を広げ、大丈夫だとアピールしたカルモンが、ダブルレッグへ。ケージにジャカレをつめたカルモンだが、自ら距離を取り直す。ジャカレは右を振るって自ら姿勢を乱してします。

すぐに立ち上がったジャカレだが、力が入っているか。低い姿勢で組みついたジャカレは大内刈り、カルモンが倒れないと見ると距離を取り右を振るっていく。カルモンが右をヒットさせ、前に出る。ジャカレは右ハイを見せるも、これは空振りに。左ジャブを連続で出すカルモン、左ミドルを蹴りスッと距離を取る。ジャカレは左ボディフック、さらに右フックを見せ組みつく。自ら距離を取ったジャカレ、接戦ながらカルモンのパンチを取るジャッジがいてもおかしくない2Rが終了した。

GSPの叱咤激励に叫び声で応えたカルモン、3Rに入ると左ジャブのダブルから右フックを振るう。このタイミングで組みついたジャカレがテイクダウンからバックマウントへ。思い切り鉄槌を落したジャカレはRCNを狙いつつ、バックを頑強なモノとしてパンチを連打する。胸を合わせようとするカルモンに対し、ジャカレは肩固めの形から、シングルバックを選択。カルモンが立ち上ろうとすると、先に腕を喉下に入れてから、両足をフックして後方へ。

手首を取って、声を挙げながら手繰るカルモンだが、ジャカレは正面を向かせない。細かいパンチの合間にRNCに入ったジャカレは、極まらなくても時間が経過するので問題はない。1分を切っても、カルモンはバックマウントから逃れることができない。がなり声を挙げて後方にパンチを入れるカルモン、そこでRNCを仕掛けたジャカレは、最後は横綱相撲を見せた3Rを戦い切った。ジャッジ2人が2Rをカルモンにつけたのだろう、29-28が2票あったが、「最後まで極めにいったが、できなかった」と振り返ったジャカレが判定勝ちし、タイトル挑戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY