この星の格闘技を追いかける

【UFC169】手数のマクデッシ、白星逃す。敗因は勢い??

2014.02.02

<ライト級/5分3R>
アラン・パトリッキ(ブラジル)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 30-27
ジョン・マクデッシ(カナダ)

多彩な蹴り技と、パンチとのコンビネーションが特徴のマクデッシが、ブラジルで勢力を増すX-ジムのパトリッキと対戦。左を振るって組んでいったパトリッキに対し、距離を取ったマクデッシはしっかりと攻撃を見切っていく。長いリーチを生かし、左ストレートを伸ばし、左ローを蹴り込むパトリッキは、スピニングバックフィストを空振りする。パトリッキは続いて、カポエイラのような蹴りを見せるが、ここも距離が合わない。

パトリッキは左フックを届かせると、スリップしたマクデッシにヒザを狙う。マクデッシはパトリッキが前に来るところでジャブを当てるも、残り45秒でテイクダウンを奪われる。すぐに立ち上がったマクデッシだが、パトリッキは長いリーチを生かして、左腕を深く差し込んでいく。ここで初回が終了した。

2R、右ミドルから組みついてきたパトリッキをいなしたマクデッシは、続くテイクダウン狙いを切って左のサイドキックを入れる。動きが落ちたパトリッキに対し、マクデッシは前蹴り、距離をつめて左フックを見せる。パトリッキも負けじと、左フックを放り込むと、スッと距離を取り直し、テイクダウンへ。手をついて立ち上がったマクデッシを、ケージに押し込むパトリッキだが、倒し切ることはできない。

マクデッシは左フックを打ち込むと、パトリッキの左フックをかわして左ローを蹴り込む。受けの展開からテイクダウン狙いに攻撃をしぼったかのようなパトリッキの顔面に、マクデッシが左フックをヒットする。前に出るマクデッシ、ケージ際を回るパトリッキ。決定打はなく、試合は最終回へ。

パトリッキのテイクダウン狙いをいなしたマクデッシが距離をつめて、前蹴りを放つ。左ミドルを返すパトリッキ。左が交錯すると、マクデッシが前に出て右ローを入れる。パトリッキの左ハイがマクデッシの顔面を捉えるが、パワー不足かマクデッシは怯まず前に出ていく。手数で上回るマクデッシ、パトリッキは左フックから組みついていく。クリーンテイクダウンは奪えないパトリッキ、ケージにマクデッシを押し込むもレフェリーが両者を分ける。残り30秒、前に出てきたパトリッキに細かいパンチを入れたマクデッシ。最後は足を使って距離を取ったパトリッキは、試合終了と同時に両手を高々と掲げ、勝利をアピールした。結果、3-0で判定勝ちしたパトリッキ、決して攻め込まれたわけでないマクデッシだったが、勢いに押し切られたということだろうか。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF