この星の格闘技を追いかける

【UFC169】Pメイクに徹したカトーネ、UFC戦績イーブンに

2014.02.02

<ミドル級/5分3R>
ニック・カトーネ(米国)
Def.2-1: 28-29, 29-28, 30-27
トム・ワトソン(英国)

3勝4敗のカトーネ、1勝2敗のワトソン。オクタゴンで黒星先行同士は慎重な立ち上がりに。1分を過ぎても互いに相手に触れる攻撃がほとんどないなか、カトーネがワンツーで前に出る。
残り2分となってテイクダウンを仕掛けたカトーネだが、ケージに詰めてからは粘らず、距離を取り直す。右ローから右ヒザを狙ったワトソンにダブルレッグを合わせたカトーネがテイクダウンに成功。ケージを使って立ち上がろうとしたワトソンの背中をしっかりとマットにつけさせた。

初回同様、静かな立ち上がりとなった2R。ワトソンがやや距離をつめていくも、カトーネが右をヒット。スッと後方に距離を取り直すカトーネに、ワトソンが詰め寄る。ハイキック、ジャブと攻撃を見せては、大きくサイドステップで離れるカトーネに、ワトソンがローを連続で蹴り込む。と、残り1分40秒でカトーネがダブルレッグでテイクダウンに成功。そのまま抑え込まず、ワトソンを立たせてヒザを受けると離れる。直後にダブルレッグを決め、トップを取った奪取したカトーネ。残り時間が少なくなると、抑え込み、ケージへの押し込みに拘る、完全にポイントメイクに割り切った戦いを見せる。

3R、前に出たところで目を突かれたとアピールするカトーネ。再開後もサークリングを続ける。ワトソンは左ハイから右ロー、左前蹴りに右ストレートと前に出続ける。カトーネはテイクダウン狙いを切られ、再びサークリング戦法へ。ワトソンが右ローからワンツーを入れる。気が付けば鼻血を流しているカトーネは、ワトソンを止めようと左ジャブを繰り出すも効果はない。と、残り2分を切ったところでカトーネがテイクダウンを決める。すぐにスタンドに戻った両者、カトーネは再びテイクダウンへ。これまで通り、2度目のテイクダウン後は寝技に持ちこむカトーネが、バックマウントへ。懸命に腰をコントロールしてポジションをキープするカトーネは、残り10秒になってワトソンをリリース。もちろん、ワトソンに反撃の時間は残されておらず、カトーネが自分の試合をやり通した。結果、なぜかワトソンに一票が入ったもののカトーネがスプリット判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY