この星の格闘技を追いかける

【World NO GI 2019】ライト級でエクアドル人世界王者誕生!! 世羅智茂は、その世界といかに戦ったか

12日(木・現地時間)から15日(日・同)にかけて、カリフォルニア州カリフォルニア州アナハイムのアナハイム・コンベションセンター・アリーナで行われたIBJJF主催の世界ノーギ柔術選手権レビュー第5 回。

今回はカルペディエムの極め業師、世羅智茂の戦いを中心にライト級の模様をレポートしたい。


<ライト級1回戦/10分1R>
ジョニー・タマ(エクアドル)
Def. by 三角絞め
世羅智茂 (日本)

昨年の柔術世界王者シェーン・ヒルテイラーに肉薄する等、近年世界の舞台で頭角を現わしはじめている強豪タマとの対戦となった世羅は、まず下のポジションに。そこから右足を取ってのトーホールドを狙う世羅だが、タマは凌いで立ち上がった。

その後、お互い同時に座ってダブルガード状態になると、世羅の方が上を選択してアドバンテージを獲得。タマはシッティングから世羅の右足にハーフで絡んでゆく。内回りで世羅の姿勢を崩したタマは、次は外回りのベリンボロに。姿勢をさらに崩された世羅が逃げようとするところで、そのバックに飛びつくタマ。体をずらそうと動く世羅だが、タマは巧みに付いてゆきやがて4の字フックを完成。6-0とリードした。

世羅はなんとか動いてエスケープを試みるが、タマは巧みにバックをキープ。世羅が腰を高くしてタマを前に落としにかかる世羅。ここでタマは世羅の右腕を抱えてヤスケビッチ式腕十字狙いへ。が、姿勢を伸ばして耐えた世羅はやがて腕を抜くことに成功した。

下からタマは世羅の右足に絡んで外回りを見せるが、世羅は距離を取る。シッティングを取るタマに対し、世羅は前方にダイブしながら首を取りにゆく。タマがそれに反応して後転の体勢を取ったところで、世羅は右足に狙いを変更し、またしてもトーホールドへ。が、タマは素早く反応し、またしても世羅のバックを奪ったのだった。

残り3分。体をずらしてのエスケープを狙う世羅に対し、ニアマウントの体勢を取ったタマは、世羅の首を抱えてプレッシャーをかける。一旦距離を作った世羅だが、タマはすかさず上からギロチンをしかける。ここで体を返して上になった世羅だが、タマはギロチンのグリップをキープしたまま足を利かせ、世羅をガードの中に入れた。

腰を上げてギロチンを耐える世羅に対して、タマは右足を高く上げての三角絞めに移行。腕を流さないまま頭を押し下げる(いわゆるエディ・ブラボー式の)形で絞め上げるタマ。耐えようとする世羅だが、タマはさらに自らの足首を自らの手でロックして絞めを強め、残り1分のところで試合を終わらせた。

世界レベルの強豪タマ相手に、持ち味である極めを果敢に狙っていった世羅だが、その壁は崩せず。極め狙いに乗じてポジションを取られてしまった上、逆にタマに極めの強さを見せつけられてしまう形となった。

世羅を倒したタマはその後も準々決勝、準決勝を勝利。決勝ではイゴール・ロドリゲスと接戦を繰り広げた挙句、終盤にベリンボロを仕掛け、残り10秒で勝利を決定付けるマウントを奪取。歓喜の初優勝を遂げタマは、エクアドル人初のIBJJFアダルト黒帯世界王者に輝いた。

■ライト級リザルト
優勝 ジョニー・タマ(エクアドル)
準優勝 イゴール・ロドロゲス(ブラジル)
3位 アソス・ヒベイロ(ブラジル)、ファビオ・カロイ(ブラジル)

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie