この星の格闘技を追いかける

【Grachan42 X Gladiator011】獅庵、2年5カ月振り──そしてグラチャン&バンタム級初勝利

Shian【写真】グラチャンだけでなく、グラジエイターでの活躍も期待したい獅庵だ(C)MMAPLANET

22日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIO開催されたGRACHAN42✖GLADIATOR011。両プロモーションにとってベストイベントという声も挙った同大会の模様──ここでは心機一転グラチャン初参戦となった獅庵✖坂巻魁斗の対戦を振り返りたい。


<バンタム級/5分2R>
獅庵(日本)
Def.2R0分00秒by TKO
坂巻魁斗(日本)

Shian 01開始直後に右を強振した獅庵に対し、坂巻は後ろ回し蹴りからワンツーを放つ。回って間合いを取り直した獅庵は右を伸ばして圧力をかけ、坂巻の左に右を合わせる。坂巻も臆せずに距離を詰めてワンツーを放つが、テンプルの辺りに右を受けてしまう。

Shian 02飛び込んで尽き、ここからダッキングでパンチをかわして距離を取り直す獅庵は、坂巻のテイクダウン狙いも余裕を持ってかわす。前蹴り、腕を回す、あるいは上体を沈めるフェイクを見せる獅庵に対し、右の蹴りから組んでいった坂巻。しかし、この試みも距離が遠く頭を押すだけで獅庵は回って防ぐことに成功する。獅庵は左のロング、右ローを入れ、坂巻の蹴りをかわして優勢に試合を進める。

Sakamaki坂巻もそれでも前に出て果敢に左を振るうが、ここに獅庵の右オーバーハンド君のパンチを被弾し体が流れる。獅庵がすかさず跳びヒザを狙うと、坂巻も跳びヒザで対抗。直後に初回が終了し、ここで坂巻の左目の周囲が腫れ始めておりドクターが試合を止め、獅庵のTKO勝ち──2年5カ月振りの白星、バンタム級初勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie