この星の格闘技を追いかける

【Pancrase311】ビクトル・ウーゴ、ロー&フック→テイクダウンからパウンドで亀井に快勝

Hugo【写真】亀井の足関狙いにも付き合ったウーゴが、フルマークの判定勝ちを手にした(C)KEISUKE TAKAZAWA/MMAPLANET

<フェザー級/5分3R>
ビクトル・ウーゴ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
亀井晨佑(日本)

勢いのある右ロー2発からパンチを振るいつつ組みついたウーゴ、亀井とケージ際で2度、3度と態勢を変える。やがてウーゴが左腕を差してテイクダウンを奪うことに成功。亀井のハイガードが下がると、ウーゴは右足を抜いてハーフへ。亀井は足を戻してバタフライガードを取る。ここからウーゴは背中を向けた立ち上がろうとした亀井に右のパンチを集中させる。

ワンフックのウーゴは右のアッパーを後方から打ち込み、前方に亀井を崩す。すぐに立ち上がった亀井だが、今度はケージとの間に足を一本入れたウーゴがバックに回る。一度は胸を合わせた亀井は、終盤に右のパンチをまとめられラウンドを0-3で失った。

2R、前に出てくるウーゴに右を当てた亀井だが、右を被弾し左ヒザをつく。すぐに立ち上がったところでテイクダウンを奪われた亀井は、左ワキを差されパスの圧力を受ける。そのままパスしたウーゴがサイドからマウントを畝ら、背中を見せて立ち上がることに成功した亀井だったが、ウーゴは落ち着いてていうダウンを取り返す。三角を狙い防がれた亀井は立ち上がり際にパンチを受け、背中を取られる。一度はスタンドで両足をフックしたウーゴが、着地すると亀井は胸を合わせて離れる、

亀井のジャブをかわしたウーゴがフックを振るって前に出る。テイクダウンを外されたウーゴは亀井のパンチをヘッドムーブでかわしてダブルレッグ、最後はニアマウントでラウンドを締めてこの回もジャッジ3者の票を集めた。

最終回もウーゴは勢いのある右ローからフックを振るって前へ。亀井も右を返したが、ダブルレッグでテイクダウンを許してしまう。立ち上がったウーゴが強烈なローを入れ、グラウンドに付き合う。亀井は右足にストレートフットロックを仕掛け、足がらみも逆にウーゴがインヴァーテッド・ヒールを狙う。さらにウーゴは外ヒールを狙いつつ、亀井の足狙いを防いで上体を起こす。パンチを落とされた亀井は、命綱のように左足をホールドし続ける。

一本しか逆転はない状況で亀井の選択を間違っていないといえるが、最後の1分でロールしたウーゴが足を抜いてパウンドを落とす。さらに背中に回るとRNCを仕掛けられ、上を向きマットに背中をつけて防いだ亀井は、最後もパウンドの連打を受け──判定ながら完敗を喫した。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie