この星の格闘技を追いかける

【Titan FC56】初回と2Rを落としたと思われたシャヒーン・サンタナがスプリットでリリーに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
シャヒーン・サンタナ(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
リー・リリー(米国)

長身のサンタナの右前蹴りに、リリーは右を合わせつつ組みつきテイクダウンを決める。クローズドガードをして、自らの足首を掴むサンタナは、三角から腕十字を狙う。腕を抜いたリリーのパンチに、背中を向けて立ち上がったサンタナは胸を合わせる。ケージを背にしてシングルを凌いだサンタナがニンジャチョークへ。リリーは自ら背中をマットにつけて後方回転、そのままトップを取り頭を抜く。バタフライガードを取ったサンタナに対し、リリーは押し潰すように背中をつけさせる。シングルレッグで起き上ったサンタナは、距離を取り直し後ろ回し蹴りへ。両者、肩が汗で光って動きが落ちるなかリリーが右を当てて初回を取ったか。

2R、疲れを感じさせたままスイッチを繰り返し、距離を取るサンタナ。マットがスリッピーだとブレイクが入り、係が拭き取ってすぐに再開される。直後にシングルレッグでサンタナをケージに押し込んだリリーだが、テイクダウン狙いを切り替えされ下に。ハーフから足関節を狙いつつシットアップしたリリーが、スタンドに戻りながらダブルレッグで上を取る。ギロチンも抜いたリリーはトップを取り切り、スクランブルでバックを制する。ワンフックからRNCを狙うも、乗り過ぎで前方に落とされたリリーは直後にスクランブルに持ち込みスタンドへ。いよいよ疲れ、両手をヒザにやる場面も見られたサンタナだが、リリーも自らの左ミドルでスリップしガードを強いられてラウンド終了を迎えた。

最終回、リリーがダブルレッグにサンタナは反応できず、テイクダウンを許す。懸命に足を効かせるサンタナだが、足を一本抜かれ厳しい時間が続く。サンタナは立ち上がっても、すぐに倒され背中を見せる。リリーは徹底して組み勝負で、ねちっこい展開のなかでニンジャチョークを防ぎ、アンダーフックから胸を合わせる。ワキを潜ってバックに回ろうとしたリリー、サンタナも反応しギロチンへ。後方に倒れこむように頭を抜いたリリーは、直後に背中に乗られて両足のフックを許す。

マウントに移行しサンタナが左右のパンチを落とし、リリーが背中を見せたところでRNCへ。汗で滑り、極め切れないと判断したサンタナはマウントに戻りパンチの連打を打ち込む。試合はそのままタイムアップとなり、初回と2Rを取ったリリーが逃げ切り判定勝ち──と思いきや、スプリット判定でサンタナが5連勝を達成。初回の極めそこなったニンジャチョークが加点となったか……、リリーには気の毒な裁定だった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie