この星の格闘技を追いかける

【CJJW2019】ボスノヤン、オーバータイムでコディ・スティールに下る

<CJJW2019ウェルター級準々決勝/10分1R>
コディ・スティール(米国)
Def. Over time by RNC
ジャンポール・ボスノヤン(米国)

1分経過を前にボスノヤンがダブルレッグを決める。ヒザ十字からヒールに入ったスティールは、ロールして逃げるボスノヤンをボディロックにとり、リバーサルに成功する。サイドで抑えたスティールは、時間を掛けてギロチンを抜けるとヒップエスケープのボスノヤンに掌底を入れる。背中を見せたボスノヤンはバックに回れると、ヘッドロックから袈裟固めに入る。直後に頭を抜いたスティールがスクランブルから上を取り、ボスノヤンがガードに。

立ち上がったスティール、試合は立ちレスリングに戻りスティールが「滑る」とアピールするが、レフェリーは試合を流す。残り5分になったところで、試合にレフェリーが介入しコイントス。スティールが上を選択、ボスノヤンがバタフライ&ダブルアンダーフックの状態で試合が再開される。すぐに背中をつけてクローズドに移行したボスノヤンに対し、スティールはパチンという音が場内に響き渡る掌底を振るう。

下から勢いのあるスラッピングを入れたボスノヤン、スティールが嫌がった立ち上がり残り4分で立ちの展開に戻る。ボスノヤンがダブルレッグ、スティールは簡単に下になり潜ろうとする。ボスノヤンは場外際でワキ腹と頭に掌底を連打し、試合はマット中央&スタンドで再開される。飛びつき三角クラッチを見せたボスノヤン、スティールが場外に出てブレイク。なぜか、両者スタンドで試合がリスタートを切ったと同時にタイムアップとなり、決着はオーバータイムで見られることとなった。

シートベルトを選んだボスノヤンが、ワンフック&アゴの上からのRNCでタイトに絞めるも、切り抜けたスティールが胸を合わせてエスケープに成功する。スティールもシートベルトを選択し、同じようにアゴの上から巧みにRNCに入ると、そのままアゴの下に滑り入れタップを奪った。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie