この星の格闘技を追いかける

【UFC ESPN03】初回と2Rをコントロールしたデミアン・マイアがロッコ・マーチンから逃げ切り型判定勝利

<ウェルター級/5分3R>
デミアン・マイア(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ロッコ・マーチン(米国)

サウスポーのマイアが左ストレートを伸ばす。右を返すマーチンが左右に回る。右ジャブを常に見せるマイアの左ストレートにロッコが右を合わせようとする。シングルレッグからケージにドライブしたマイアがテイクダウン。尻もちからケージを背にしたマーチンの左足をコントロールし、両足を束ねていく。マーチは両足を四の字フックで固められ、ケージを背にして座った状態で顔面に右のパンチを連打される。

ワキ腹にパンチを落とし、ボディにも力強いパンチを打ちつけるマイアだが、左腕を差して立ち上がったマーチンのバックに回ることはできずにスタンドへ。体を入れ替えたマーチンが距離を取り直す。飛びながら右ミドルを繰り出したマーチンだが辺りは浅く、初回はマイアのラウンドとなった。

2R、マーチンが右前蹴りから右ボディストレートを入れ、直後のテイクダウン狙いを切る。右ミドルを受け、弱々しいダブルレッグを繰り出し防がれたマイアは右ストレートを被弾する。それでも低いし姿勢で飛び込みシングルを決めたマイアが、マーチンに立ち上がることを許さずケージに押し込む。初回同様、足を束ねていくマイアに対し、立ち上がったマーチンだがもう一度崩され必死にマットに背中をつけないようケージに寄りかかる。

観客のブーイングを背景に、ブレイクを訴えるマーチンだが不利なポジションにあってレフェリーが軌道修正を指示することはない。足を伸ばして座らされたマーチンにパンチを入れる。と、レフェリーがファンのプレッシャーに耐えらなくなったブレイクを命じる。直後に組んで引き込んだマイアのスイープ狙いに、なんとマーチンがマウントを奪う。暴れて、すぐに胸を合わせたマイアだったが、一瞬でもマウントを取られたことは驚きだ。

最終回、マーチンは左ジャブを伸ばし、右ハイへ。マイアの体を起こすよう動くマーチンが左ジャブ、右ストレートを時折り見せる。組まれないために連打も接近戦もないマーチンが、右ハイをガードの上から蹴っていく。再びガードの上からハイを蹴ったマーチンは右前蹴りとローを繰り出す。組めないマイアは左は大きく回るが、手は出ない。残り90秒でテイクダウン狙いをスプロールされたマイアが、もう1度テイクダウン狙いを阻まれる。左に回り続けるマイアを追いかけ、右をクリーンヒットさせたマーチンがフックを打ち込むと、足を止めたマイアが殴られながら組んでガードを取る。

立ち上がってパンチを落とし、ハーフを取ったマーチンが確実に最終回を取った。2Rのマイアのコントロールがどのように評価されるか。結果、マイアがジャッジ3者から29-28の指示を受け判定勝ちした。


PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie