この星の格闘技を追いかける

【CJJW】本戦のバックマウントからの絞めを逃げ切ったアルビナが、OTで腕十字極めダフロン下す

<CJJW2019バンタム級T準決勝/10分1R>
ヘズース・アルビナ(米国)
Def. Over Time by腕十字
ゲイブリエル・ダフロン(米国)

ダフロンのカニばさみをかわし、大きな振りで掌底の仕草を見せたアルビナ。アルビナのシングルからボディロックを切ったダフロン、ここで1分以上スタンドが続いたということで、攻勢だったアルビナが上を選択しダフロンがバタフライ&ダブルアンダーフック状態で試合がリスタートされる。

煽ってバックに回ったダフロンが四の字フックに。後方に掌底を入れるアルビナに対し、RNCの機会を伺う。アゴの上から絞めを狙い、RNCクラッチを組むダフロンだが2度、3度とアルビナが防ぐ。アルビナはダフロンの手首を取り、あるいは自らのアゴにてをやって防御に徹し、掌底で顔を叩いていく。残り5分を切り、ダフロンのバックマウントが続き、自らの方を掴むなどプレッシャーが強まっていく。

ウルビナも隙を見ては胸を合わそうとするなど暴れるが、ダフロンのバックマウントが続く。試合はタイムアップとなり、オーバータイムへ。結果、一本目で腕十字を極めたアルビナが、本戦と同様にRNCを逃げ切り決勝に歩を進めることとなった。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie