この星の格闘技を追いかける

【ACB85】カザフのカシュミノハフ、ルーマニアのバルブの右オーバーハンドに距離を詰められず判定負け

<66.5キロ契約/5分3R>
ボグダン・バルブ(ルーマニア)
Def. Unanimous
ヌルスルタン・カシミュハノフ(カザフスタン)

上半身は大きいが上背でかなり劣るバルブに対し、カシミュハノフはロー、左ジャブを伸ばし、迎えうっての右フックを狙う。カシミュハノフの右ハイはバルブの頭上の上を通過し、直後に組みつかれてケージ際に。自ら離れたバルブはローで前足を狙われ、右オーバーハンドは2度に渡り空振りに終わる。バルブのテイクダウン狙いをいなし、ケージ中央を取ったカシミュハノフだが、右ローに右を合わされダウンを喫する。

すぐに立ち上がったカシミュハノフにもう一度右を当てたバルブは、左太ももに右フックを打っていく。さらにローをキャッチして倒し、右のパウンドを落としたバルブが初回を取った。

2R、カシミュハノフは初回よりも手数を増やしプレッシャーを強める。バルブは右前蹴りを掴んでテイクダウンを狙うが、リリースして距離を取る。左ジャブから右オーバーハンドのカシミュハノフが、踏み込みの右を合わせようとする。バルブはワンツーも振りが多きく、ステップバックをかわされる。

カシミュハノフが距離を詰めて右オーバーハンド、姿勢を乱したところでバルブの右を被弾し印象点を失う。空振りでもカシミュハノフの前進を止めることができるバルブの右オーバーハンド。逆にカシミュハノフは、そこを前に行くしかないが、そうなるとバルブはダブルレッグを決めるなど試合巧者ぶりを見せた。

最終回、フィニシュが必要となったカシミュハノフはサウスポーにスイッチして、左フックを当てる。ケージを背負ったバルブはカシミュハノフの左オーバーハンドにダブルレッグを合わせてテイクダウン。10秒ほどトップを取って立ち上がる。すぐにテイクダウンを狙ったバルブを潰したカシミュハノフが、またも右の威力の前に下がって距離を作ってしまう。

左ハイを狙ったカシミュハノフはバルブのスピニングバックフィストを避けて左ストレートを当てる。肩で息をするバルブが右ストレートをヒット。さらに右アッパーから左を当てたバルブは、声を出して自らを鼓舞する。残り1分、カシミュハノフが左アッパーを入れ、バルブのシングルを切るも残り時間は僅か。すぐにタイムアップとなりカザフ期待のカシミュハノフは半歩パンチが遠い展開が続き、判定負けとなった。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie