この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX27】カマチョ、果てしない打ち合いでドバーに競り負ける……

<ウェルター級/5分3R>
ドリュー・ドバー(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
フランク・カマチョ(北マリアナ諸島)

サウスポーのドバーに対し、左ジャブを伸ばすカマチョが前進に右フックを合わせる。ドバーも近距離でフックを当てると、組んできたカマチョにヒザを入れケージに押し込む。カマチョは右腕を差してテイクダウンし、サイドへ。ケージを背にして立ち上がったドバーが距離を取り直し、左ストレートを狙う。カマチョはここに右ボディフック、続いて右ボディアッパーを2発打ち込む。

ドパーは左ミドルを返す。カマチョもショートのコンビネーション、右ショートアッパーを狙う。組んだカマチョはエルボーを被弾しながら、支えつり込み足のような形でテイクダウンを奪う。ドバーの腕十字を防いだカマチョが、スタンドに戻った際魚の局面で右フックを決める。ドパーの腰が落ち初回はカマチョのモノとなった。

2R、スタミナに不安の残るカマチョはどのような試合運びを見せるか。ドバーの接近戦にボディを打つカマチョは、組まれても小外掛けテイクダウンに体を浴びせてトップを取る。抑えることができなかったカマチョは、大きく肩で息をするように。ここでドバーは前に出てボディ、左ストレートを入れる。足を止めての打ち合いでガードが下がっているカマチョは、ケージに詰まってパンチを被弾してしまう。

離れたドバーの入り際に左フックをヒットさせたカマチョだが、やはり動きは落ちている。ドバーがワンツーを入れ、ボディをえぐるとハイキック狙いからパンチでラッシュをかける。ここでカマチョがボディ、ヒザで反撃しドバーの反撃が一旦停止する。勢いを取り戻したカマチョは右フックを当が、空振りで再び疲れが顕著になるとドパーが右を2発入れて、左ミドルにつなげる。カマチョもヒザを返し、右をヒットさせる。荒野の決闘、ノースカロライナ版は最終回へ。

開始早々、テイクダウンを狙ったドバー。これを切ったカマチョは打たれては、打つという流れでシングルを切りつつ鉄槌を落とす。と、ここでも支えつり込みでテイクダウンを奪ったカマチョだが、抑えきれないでスタンドにドバーを逃し、パンチの打ち合いに持ち込まれる。

疲れているのは確かだが、殴られ、蹴られても前に出て決定打を許さないカマチョは、ヘッドムーブでパンチの威力を減らし、左フックから右ボディアッパーを決める。残り90秒、ヒザ蹴りをボディに入れたカマチョが右フック。組み付いたドバーは、直ぐに離れるとダーティーボクシング合戦に。前に出るカマチョが右ミドルを2発蹴り込み、右フックをヒットさせる。ドバーも左を当てるが、直後に左フックを被弾。

ワンツーで前に出て、右アッパーを入れたカマチョ、左ストレートで頭が後方に揺れながら試合終了の合図を聞いた。初回はカマチョ、2Rはドバー、最終回は盛り返したカマチョか。しかし、ジャッジの裁定は1人が30-27をつけドバーが3‐0で勝利した。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie