この星の格闘技を追いかける

【WSOF08】アスンソン弟、打撃戦でハンセンにスプリット勝利

<フェザー級/5分3R>
フレディ・アスンソン(ブラジル)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ブレンソン・ハンセン(米国)

左ミドルを放つアスンソン、右ローを返すハンセン。互いに右ミドルを蹴り合い、ハンセンが右ストレートからローを伸ばす。アスンソンの左ジャブにハンセンが左ミドルを合わせる。レイ・セフォーの指導を受けるハンセンに、果敢に打撃戦を挑むアスンソンだが、左フックを被弾する。カニ挟みのような形に組みから、すぐに距離を取ったアスンソンは左ジャブを受ける。直後に、二段蹴りでボディを蹴り抜くアスンソン。残り20秒、アスンソンはサウスポーにスイッチし左ハイなど見せたが、初回はハンセンが取ったか。

2R、左から右を伸ばし前に出るアスンソンは、ハンセンの前進を左ミドルで止める。キレの良いアスンソンの左ミドル、ハンセンは右から左フックをカウンターでヒットさせる。一瞬、サウスポーに構えたアスンソンが左ストレートを伸ばしてオーソに戻す。オーソでは左ジャブでハンセンの顔面に入れるアスンソン。ハンセンも時折りスイッチし、左ミドルを当てていく。

下りながらの左フックをヒットしたアスンソンだが、直後に右ストレートを受けてケージまで後退。すぐに前に出て左ジャブを伸ばすアスンソン。ここで2Rが終り、アスンソンが取り返したラウンドとなった。最終回、左ミドルから右ハイと蹴りを繰り出すアスンソン、左ミドルでハンセンにブロックさせてパンチの威力を削ぐ狙いか。距離を取り直して、右を伸ばすハンセンだが攻撃が単発になりがちだ。中盤、アスンソンはテイクダウンを狙うもハンセンがスプロール、直後にハンセンは右ハイからバランスを崩す。すぐに立ち上がったハンセンが右ローを蹴り込むと、アスンソンはサウスポーにスイッチする。

ハンセンの前に出てのワンツーに左フックを返したアスンソン、後回し蹴りは距離が合わない。ハンセンはローから崩してパンチへいくも、そのパンチをバックステップでかわされることが多い、残り10秒ハンセンがテイクダウンへ。尻餅をついてすぐに立ち上がったアスンソンだが、このテイクダウンが裁定にどのような効力を持つか。結果、アスンソンがスプリットで接戦を制した。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie