この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ローとパンチだけでメインがフルマークの判定勝ち、

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・メイン(カナダ)
Def.判定3-0:30-27、30-27、30-27
テイラー・スティンソン(米国)

フェイントでエルボーを見せるスティンソンに、メインは勢いのある左フックを2発、3発と打ち込んでいく。サウスポーの構えから、飛び込んで右フックを見せるメイン。スティンソンはすぐにケージ際まで圧されていく。同じサウスポーのスティンソンのジャブを見切ったメインは右ローから右ストレート、さらに左ストレートをヒットさせる。

右目の回りを真っ赤に腫らしたスティンソンに対し、メインは間合いを計りながら左を伸ばす。右から左、さらに左フック、左アッパーと攻め込むメインだが、スティンソンもパンチを返していく。流血に追い込まれたスティンソンは残り10秒でテイクダウンを狙うも、これは切られてタイムアップに。

2R、右目が塞がったようにも見えるスティンソン。メインは右ボディから左ストレートを打ち込む。パンチを受けると、必死の形相で打ち返すスティンソンだが、自らの仕掛けはほぼ防がれてしまう。左のオーバークロスを受け、前に出るスティンソンに声援が起こる。蹴り技はローのみ、あとはパンチのコンビネーションで攻める続けるメインだが、圧倒的に攻めるも見る時間が長い。

スティンソンは残り90秒でテイクダウンを奪うが、すぐに立ち上がったメインが右アッパー、ストレートから右ジャブで流してラウンド終了を迎えた。

最終回、右から左とワンツーを変わりなく見せるメインは、引っかけるような右フックをヒットさせる。左ストレートを打ち込み、距離を詰めたメイン。スティンソンは左ボディフックから、左ストレートを軽くヒットさせるも形勢逆転には至らない。

右ジャブを受けて、左ストレートから左アッパーを打ち込むメインだが、スティンソンは心身ともタフさを発揮し、前で出て来る。そこに左のカウンターを入れたメインは、左右のフックでスティンソンを追い込む。すると、スティンソンの右ミドルがヒット、さらに前蹴りをボディに蹴り込む。残り30秒、メインは左から右を伸ばすが、やや疲れたか。

最後の打ち合いのシーンでは、スティンソンの前進をカウンターで迎撃できなかったメインだが、フルマークで判定勝ちを収めた。勝者ジョーダンはパンチだけでなく腰より上の蹴りやヒザを織り交ぜることが出来れば、さらなる飛躍が可能になるだろう。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie