この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】アグレッシブネスとダメージ、マスヴィダルが競り勝つ

<ライト級/5分3R>
ホルヘ・マスヴィダル(米国)
Def.判定2-1:30-27、29-28、28-29
ジャスティン・ウィルコックス(米国)

いきなり左フックを振るったウィルコックスだが、マスヴィダルも蹴りのフェイントから右を伸ばす。低い姿勢から伸びあがるようにパンチを伸ばすウィルコックスに対し、マスヴィダルの構えは高い。リーチの差を生かし、右フックを見せたマスヴィダルだが、ウィルコックスは組みついてバックに回る。

ケージに体を預け立ち上がったマスヴィダルの右がヒットする。ウィルコックスはローから右ストレートと、上下で攻める。跳びヒザから右フックをバックステップでかわしたマスヴィダルのヒザとウィルコックスのパンチが交錯する。すると、マスヴィダルの放ったフライングニーがモロにウィルコックスの顔面を打ちぬく。

パンチの連打を受けて背を向けそうになったウィルコックスにハイキックを見舞ったマスヴィダルは、テイクダウンを切ってパンチを入れる。ローからヒザと攻撃を続けるマスヴィダル、ウィルコックスも何とか踏んばり初回が終了した。

2R、ウィルコックスはダメージか回復したか、パンチを振るいながら前進を見せ、左ハイを放つ。余裕をもってブロックしたマスヴィダルは、右ローを蹴り込む。ウィルコックスの右ハイがマスヴィダルの顔面をかすめる。ウィルコックスは手数こそ多いが、精度は低くダブルレッグも余裕をもって切られてしまう。

待ちの展開が多くなったマスヴィダルは、フックをブロックで受けた直後にテイクダウンを許す。尻もち状態から先に立ち上がり、パンチを放つマスヴィダルだが、2Rは落とした可能性がある。

最終回、ウィルコックスがパンチでラッシュを掛ける。受けに回るシーンが多いマスヴィダルが、右ローを蹴り込む。小さなMMAグローブで、パンチをブロックするマスヴィダルだが。右アッパーを受ける。残り半分、パンチのフェイントから組みついたウィルコックスがバックに回る。腰をコントロールして、尻もちを突かせたウィルコックス。マスヴィダルは頭を押して、懸命に立ち上がろうとする。

立ち上がったマスヴィダルだが、相変わらず手数は少ない。残り40秒、ヒザを突き上げ右を打ち込んだマスヴィダル、ウィルコックスは2度に渡るテイクダウンを阻んでタイムアップに。1Rは圧倒的にマスヴィダル、2Rは僅差でウィルコックス、最終ラウンドもウィルコックスの積極性が目立ったか。

1Rは2P差があってもおかしくないが、そうならないのが米国MMAのジャッジ。結果、裁定は分かれ、2-1でマスヴィダルが勝利した。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie