この星の格闘技を追いかける

【RFC08】原井徹、ソ・ドゥウォンの打撃に屈する

Harai vs Seo Doo-Won

【写真】懸命にテイクダウンを狙った原井徹だったが、ソ・ドゥウォンの打撃は重かった (C) MOOZINE
Text by Choi Woo-suk

<フェザー級/5分3R>
ソ・ ドゥウォン(韓国)
Def.判定2-0
原井徹(日本)

軽いステップを踏みながら、パワフルな打撃を披露するソ・ドゥウォン。原井はワンツーからローを蹴り込むが、当たらない。ソ・ドンウォンはストレートにテイクダウンを合わせられるが、ギロチンで迎え撃つも首を引抜かれ、ガードを強いられる。2R、原井の前蹴りはソ・ドゥウォンにブロックされる。続いて組みつき、両ワキをさしてガードにソ・ドンウォンをドライブした原井だが、レフェリーは膠着ブレイクを命じる。

懸命に組みついていく原井にソ・ドゥウォンはパンチを打ち込む。さらに原井のボディロックからのテイクダウン狙いを潰したソ・ドゥウォンが、一度はサイドへ。ハーフに戻し、さらに立ち上がることに成功した原井に、ソ・ドゥウォンの右から左のワンツーがヒット。たまらず背を向け、回転するよう逃げようとした原井から、ソ・ドゥウォンがトップを奪いパウンドを落す。原井は首に手を回し、頭を引きよせてラウンド終了まで耐えきった。

最終回、ソ・ドゥウォンのストレートがヒット。大振りのアッパーにカウンターを合せられた原井は、ハイキックを放った際にバランスを崩す。原井の蹴りが急所に入り、一時試合が中断するが、再開後もソ・ドゥウォン優勢という展開は変わらない。残り10秒を切り、両者が足を止めて打ち合うも、試合はそのままタイムアップ。2-0でソ・ドゥウォンがフェザー級転向初戦を勝利で飾った。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie