この星の格闘技を追いかける

【RFC17】久米、アソルに敗れて王座獲得ならず

Kwon A-Sol def Kume Takasuke【写真】3R終盤、トップを取ったクォン・アソルが勝利を引き寄せる強烈なパウンドを落していった(C)MMAPLANET

<RFCライト級王座決定戦/5分3R>
クォン・アソル(韓国)
Def.2-0:29-28, 29-28, 28-28
久米鷹介(日本)

まずは久米が細かくステップしてジャブと左ミドル、そこから右フックにつなげる。アソルがジャブを返すと、久米が左フックから距離を詰める。久米のインローがローブローとなり、試合が一時中断。再開後、アソルが左アッパー、これが久米のタックルのタイミングに合ってしまう。一旦、距離をとってタックルを狙う久米だが距離が遠い。スタンドの攻防になると久米が右ストレートと左ハイ、アソルも右ストレートを返す。久米はジャブと左フック、そして左ミドル。残り3分でダブルレッグに入るが、アソルはケージを背にして倒れない。ブレイク後、アソルが右ストレートと左ボディ、久米のタックルを切ってプレッシャーをかける。アソルが右ボディから左フック、久米も左フックを返す。右ストレートと左フックで前に出るアソル、久米もそこにショートのフックを合わせる。アソルは久米の飛びヒザ蹴りをキャッチしてバランスを崩し、距離が離れると左ボディ。久米もそこに右フックを返す。

2R、一気に左フックで前に出る久米。距離を取ると左ミドルを蹴る。アソルは射程の長いジャブを伸ばして、久米のタックルを切る。左ボディにパンチを散らして、ケージを背負う久米に右フック。左ボディ・左フックを当て、久米のタックルを切るとボディにヒザ蹴り。さらに左フックを叩き込んで前に出る。下がる展開が増える久米。アソルがパンチで入ってくるところに左右のフックを狙うがクリーンヒットはない。アソルの右ストレートにタックルを合わせるが、これも切られてしまう。勢いづくアソルは左フックと右アッパー、ジャブを的確に当てる。残り45秒、久米が右フック、アソルも飛び込みながらの左フックをヒットさせる。

3R、ダブルレッグで組みついた久米がアソルをテイクダウン。すぐにマウントポジションを奪うと、ブリッジするアソルの動きに合わせてバックにつく。アソルは久米を背負ったまま立ち上がり、久米もバックをキープしたままスリーパーを狙う。残り3分、久米がアソルを後方に押し倒すようにグラウンドに持ち込み、そのままバックキープ。コツコツとパンチを入れてスリーパーのチャンスをうかがう。必死にスリーパーを凌ぐアソル。残り1分を切ったところで正対すると、インサイドガードから強烈なパンチの連打。これで久米の動きが止まり、後ろに回り込んだアソルが一気呵成に殴る。アソルが久米を殴り続ける形で試合終了。アソルが久米を退け、ライト級のベルトを巻いた。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie