この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】ブーイングもウッドリー、10連勝達成

<ウェルター級/5分3R>
タイロン・ウッドリー(米国)
Def.判定2-1:30-27、29-28、28-29
ジョーダン・メイン(カナダ)

素早い左ジャブを連続で出し、タイミングを取るメイン。ウッドリーは拳を開いてパンチを受け、一気に組みついてケージに押し込んでいく。差し返せないメインだが、シングルにスイッチしたところで首に手を回し、バックをうかがう。

すぐに胸を合わせたウッドリーは、シングルレッグでメインをケージに押し込むも、レフェリーがブレイクを命じる。上背で大きく上回るメインは、左から右アッパーで距離を詰めるが、ここでウッドリーが腰に組みついてテイクダウンを奪う。

ハーフガードのメインに対し、ワキを差してしっかりとトップをキープしたウッドリーは、腰を切らせないようにタイトに抑え込んでいく。ブリッジとヒップエスケープを繰り返すメイン。攻撃を受けてはいないが、印象が悪くなるので、スタンドに戻りたいところだ。


ウッドリーが勢いのあるエルボーを落としたが、メインはブリッジから柔術立ちでスタンドへ戻ることに成功し、そのままスタンドの攻防で初回が終わった。

2R、メインの右ローをキャッチしようとするウッドリー、テイクダウンダウン狙いは明らかだ。素早いショートフックの連打でメインをケージに詰め、組みついてテイクダウンに成功したウッドリーが、ここは先手を取った。

首を殺し、パウンドを振るい落とすウッドリーにガードからエルボーを見せるメインだが、ボトムから抜け出せないまま、2Rも折り返し地点を過ぎる。残り2分、ウッドリーはがっちりとインサイドガードから抑え込みを続けると、メインはケージを蹴って腕十字へ。

距離があり、簡単に腕を引抜いたウッドリーは、そのままトップキープに徹し切る。残り30秒になっても、頭をメインの胸につけたままのウッドリー。2Rはそのまま終了し、試合は最終ラウンドへ。

メインのニーを担いだウッドリーは、そのままテイクダウンを奪い、ペースを掴む。ヒップスローを潰し、ここもトップキープに徹するウッドリー。2Rと同じように、ガードからエルボーを見せるぐらいしか手が出せないメインは、ウッドリーの左腕を抱え、腕十字へ。関節技をしっかりと対処するウッドリーが腰をコントロールすると、レフェリーがブレイクを命じる。

サウスポーに構えを変え、再びオーソになったメイン。一度はウッドリーのシングルレッグを切るが、すぐにケージに押し込まれてしまう。左ワキを差して、逆にテイクダウンを狙ったメインを再びケージに押し込んだウッドリーは、ヒザにボディを受けながらも、15分間自らのスタイルを崩さずに戦い切る。

観客のブーイングを浴びたウッドリーだが、ジャッジ一人がメインにつけるという意外なスプリット判定ながら、負け知らずの10連勝を達成した。

PR
PR

関連記事

iSMOS01

Movie