この星の格闘技を追いかける

【Grachan56】「100キロぐらいまでならバック投げも」。デビュー戦欠場、ミランダ亜廉が語っていたこと

【写真】非常に残念な欠場だが、このご時世では致し方ない。男前の仕切り直しの時を待ちたい(C)GRACHAN

7日(日)、大阪府豊中市の176BOXで開催されるGrachan56の第1試合に出場予定であったミランダ亜廉は、コロナウイルス感染のため欠場が発表された。
Text by Shojiro Kameike

MMAPLANETDではコロナウイルス感染が分かる前のミランダにインタビューを行っていた。試合はなくなってしまったが、幼少期からレスリングを学び、アマチュア時代に相手を投げまくったことで注目を浴びるミランダの、MMA英才教育ぶりを知ってほしい。


――プロデビュー戦を目前に控えた現在の心境はいかがですか。

「いつもと変わらずリラックスできています」

――MMAの前はレスリングをやっていたそうですね。

「幼稚園の頃からやっていました。自分自身では始めたレスリングを始めた頃の記憶はないのですが、親が言うには、いろんな習い事をやってみたなかでレスリングが一番楽しそうにやっていたそうです。自分の記憶としては小学校1年生の時ですね。スパリング中にヒザの靭帯を痛めてしまって……」

――それが最初の記憶ですか! ヒザの靭帯とはハードですね。

「それが最初に強く印象に残っていることです。すごく痛かった記憶があります(苦笑)」

――小1でヒザの靭帯を痛めると、その時はレスリングを辞めたくなりませんでしたか。

「メチャクチャ辞めたかったですね(笑)。小学校の時は何百回も、レスリングを辞めたいと親に言っていました。毎日練習漬けで、友達と遊びに行く暇もなくて。そういう周りの友達を見ていると、うらやましかったです。自分も自由になりたいなぁと」

――他のスポーツには興味はなかったのでしょうか。

「バスケには興味があったのですが、チームプレイには向いていないことが自分でも分かっていまして。親からも、もうちょっと続けなさいと。父は、僕がレスリングを辞めないように大きな夢を創ったんですよ。オリンピックに行くという夢ですね。まずそこまで頑張ろうかということで、なかなかレスリングを辞めさせてくれませんでした(笑)」

――ミランダ選手は今年20歳ということで、目指していたのは東京オリンピックではなく、2024年のパリ五輪だったのですか。

「そうです。でも現実的に考えると、レスリングでは無理だなと諦めてしまいました。高3年の時に、リオ五輪で活躍した選手や東京オリンピックに出場する選手と試合をして、あっさり負けてしまうことがあったんです。ここから自分が五輪レベルの選手になるのは、相当時間かかりそうやなと、メンタルが折れてしまいましたね」

――なるほど……。ミランダ亜廉という名前は、お父さんかお母さんが海外の方なのですか。

「父が米国で、母が日本人です。生まれも育ちも大阪ですけども」

――ご両親のどちらかがレスリングをやっていたわけではないのですよね。

「はい。でも父が、もともとUFCが大好きで。ハワイの出身の父が、昔から警察や海兵隊にいたこともあって、格闘技がメチャクチャ好きだったそうなんですね。それでUFCを見ていて、レスリングの重要性が分かっていたと……」

――ミランダ選手をUFCファイターにすべく、お父さんがレスリングを習わせていたのですか!

「父の真意は分からないんですけど、僕も小学校の頃から一緒にUFCを見ていました。今となっては、レスリングをやらせてくれたことを父に感謝しています」

――最初にUFCを見た時の印象はいかがでしたか。

「どの試合、どの選手とかは覚えていなくて……ただ、見るのが嫌やった記憶があります。自分はレスリング一途やったし、ケージの中で殴り合っているのが怖くて。もちろん、あの時は自分が将来MMAをやるなんて、想像もしていなかったです」

――レスリング時代の実績を教えていただけますか。

「小中の時は全然勝てなくて、中3で初めて全国大会で4位になりました。高校時代は3年生の最後の大会で、全国大会8位になっています。大学までレスリングをやりたいという気持ちもあったんですが、行きたい大学から推薦がもらえなかったのと、高3の時にMMAをやりたいという気持ちが強くなりました」

――子供心に嫌だったMMAをやりたくなった理由は何だったのでしょうか。

「あまりよろしくない話なんですけど――高1の時に、隣の地区の子と喧嘩したことがあって。そこでド突き合いも面白いんじゃないかと思ってしまいました」

――ということは、その喧嘩で勝ったのですね(笑)。

「……はい(苦笑)」

――実は高校時代、ストリートファイターだったということですか。

「いえ、そういうわけでは……。真面目に過ごしていたつもりですし、自分から喧嘩を売ったことはなかったです。街を歩いていると因縁をつけられたりして。

その頃から自分でもよくUFCを見るようになっていました。そうしたらレスリングをやっている選手のほうが有利で。正直、レスリングをやっていても社会人になって稼ぐことはできないんですよ。それならMMAをやろうようかなと思いましたね」

――子供の頃に見た時と、レスリングを経験してから見るMMAでは印象も違ったのではないでしょうか。

「全然違いました。攻防が分かるし、あぁこういうことだったんだと気づくことも多かったです」

――特に印象に残っているのは、どの試合ですか。

「カビブ・ヌルマゴメドフとコナー・マクレガーの試合ですね。やっぱりレスリングと寝技って強いんだなぁと思いました」

――すると、好きなファイターはヌルマゴメドフなのですか。

「いえ、好きなのはマクレガーのほうです。ストライカーのほうが好きで(笑)」

――アハハハ、高校時代のド突き合いが影響していますね。そこから高校を卒業してパラエストラ大阪に入会したのですか。

「正確にはいつ入会したのか覚えていないんです。お母さんがパラエストラ大阪で柔術を習っていて、僕もよく一緒に練習させてもらっていました」

――そうだったのですか! 完全に英才教育ですね。UFCが好きだったお父さんは、ミランダ選手がMMAを始めたことに対して何と仰っていますか。

「僕が自分で決めたことなので、特に何も言ってはいないです。ただ、内心は喜んでいると思います」

――そうですよね(笑)。しかし格闘DREAMERSでは、アマチュアの試合で中村倫也選手と対戦し、敗れています。その時の心境は……。

「相手が中村倫也選手だと分かった瞬間、ビックリしました。負けたのはメチャクチャ悔しかったです。もちろん中村選手のことは尊敬しています。レスリングでもMMAでも結果を残しているので。いつか同じ舞台に立って、リベンジしたいと思っています」

――では中村戦以降、何か変わったところはありますか。

「あの時はまだMMAを始めて日が浅かったこともあって、まずちゃんとMMAをやろうと思いました。そのあとGRACHANのアマチュア大会でも、まだ投げるというかレスリングの動きしかできていなくて。ちゃんとMMAをやろうと考えていたのに、組んだら体が勝手に動いてしまいました」

――昨年8月の大阪大会で行われたAクラスマッチ、弘田颯志戦ですね。最後はマウントからパウンドアウトしましたが、その前に相手を投げまくっていました。特にバックを奪ってからの投げは、ブリッジが美しかったです。

「アハハハ、ありがとうございます。でも自然と反応してしまって、投げたあとにスラムで反則にならないか心配でした」

――それと相手をがぶりからリフトして投げたのは印象的でした。かつてのアレクサンダー・カレリンを思い出します。

「メチャクチャ古いですね(笑)。あれはレスリングの返し技で、ダメージを与えられるわけではないんですが、あの体勢になれば誰でも持ち上げられる自信があります。100キロぐらいまでなら、バック投げもいけると思います。高校からグレコの試合で使っていました」

――対して、以降のアマチュアマッチではテイクダウンからトップコントロールで勝利していましたね。自身の中で何か変化があったのでしょうか。

「その間に蹴りを出せるようになりました。打撃メインの練習が増えています。ただ、そのアマチュアの試合の時はコンディションが悪くて、スタミナを温存しながら試合をしていました。MMAを戦うために、あの経験も良かったと思っています」

――なるほど。では次の対戦相手、安倍路人選手の印象を教えてください。

「打撃の選手、という印象ですね。キャリアは長いですけど、途中にMMAはブランクがあるので、自分がしっかり勝たなければいけないと思っています。レスリング力でキープしながら勝ちたいです」

――まだプロデビュー戦を控えている状況ですが、目指すはUFCですか。

「はい。やるからには一番を目指したいし、MMAで世界一はUFCなので」

■視聴方法(予定)
8月7日(日)
午後12時30分~ GRACHAN放送局

■Grachan56計量結果

<Grachan無差別級T1回戦/5分2R>
荒東”怪獣キラー”英貴:―キロ
岡本純一朗:―キロ

<Grachan無差別級T1回戦/5分2R>
鍵山雄介:66.1キロ
大搗汰晟:65.85キロ

<ライト級/5分2R>
林RICE陽太:70.4キロ
大宮優:70.75キロ

<フライ級/5分2R>
永井美自戒:57.0キロ
小林大介:57.72キロ

<バンタム級/5分2R>
今村豊:61.5キロ
中嶋紳乃介:61.6キロ

<ウェルター級/5分2R>
青木忠秀:76.85キロ
遠塚浩希:77.5キロ

PR
PR

関連記事

Movie