この星の格闘技を追いかける

【TORAO27】田中半蔵のニュースタイル、テイクダウンを織り交ぜたゲームメイクで結城を判定で下す

<ライト級/5分3R>
田中半蔵(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28.
結城大樹(日本)

サウスポーの田中に対して、距離を詰める結城。田中の左ストレートをかわして組み付いた結城だが、田中がスプロールして反対にケージに押し込まれた。左腕を差し上げた田中、結城は右ヒザを田中のボディに突き刺す。田中は結城の足にヒザを当てて削る。結城は内股を仕掛けるが体勢を入れ替えることができず。田中はダブルレッグ、そしてシングルレッグへ。結城はテイクダウンを許さず、田中の顔面に右ヒザを突き上げた。しかし田中も食らいつき、結城にヒザを着かせる。

ボディロックから結城の左足を抑え、バックを狙う田中。結城はケージに背中を着けながら、田中に右ヒジを突き刺した。体勢を入れ替えた結城に対し、田中が離れる。ケージ中で左ストレートを見せる田中。田中が距離を詰めたところで結城が組みつき、右腕を差し上げてケージに押し込んだ。ここで田中のヒザ蹴りが結城の下腹部に入り、試合が中断された。

1R残り54秒で再開、結城が右インロを当てる、田中も左ローを返し、結城の前蹴りをキャッチしした。結城は残り20秒でニータップを仕掛け、田中に尻もちを着かせる。立ち上がった田中をケージに押し込み初回を終えた。

2R、いきなりシングルレッグで組みついた結城。田中はスプロールできずケージに押し込まれた。しかしケージ際で体勢を入れ替え、反対に田中が結城にヒザを着かせた。結城は反転して、田中の左足を伸ばして田中を押し込んでいく。ボディロックから背中を着かせようとした結城、ここは田中が踏ん張って立ち上がり離れた。ケージ中央でプレッシャーをかける田中が左ストレートを伸ばす。さらに左インロー。結城も左ストレートを返した。

田中がニータップからバックへ。ケージ際でヒザを打ち込む。結城は正対、田中から離れた。結城が組みつくも、田中が押し返す。左腕を差し入れた田中が勇気をケージに押し込み、結城が押し返してくると離れた。ケージ中央ではローとストレートで攻める田中。結城の左ジャブもヒット。左ストレートを突きながら勇気を追い立てる田中、左ミドルを連続でヒットさせて2Rを終えた。

最終回、結城が飛びつくも、田中がスプロール。結城はシングルレッグに切り替えるが、田中がスイッチから結城のクラッチを切り、スタンドに戻る。動きが落ちた結城に、パンチと左ミドルを当てる田中。結城は田中の右前蹴りをキャッチしてテイクダウンを狙うも、田中がトップを奪った。田中はフックガードの結城をパウンドで削る。結城はケージに背中を着けて立ち上がる。田中はボディロックからバックへ。

バックからヒザで削っていく田中。結城は正対するが、田中がケージに押し付けてヒザを突き刺す。結城は首相撲に持ち込もうとしたが、田中が左腕を差し上げてケージに押し込み続ける。ここでレフェリーがブレイクをかけた。ケージ中央でパンチから左ミドルを当てた。結城もパンチで押していく。結城の左ジャブをもらいながらパンチを顔面に当て、さらに結城をケージに押し込み、最後は支えつり込み足で結城にヒザを着かせ、立ち上がった結城にパンチを浴びせていった。

裁定はユナニマスで田中の勝利に。地元・北九州で組み技を鍛えてきたという田中が、その言葉どおり組みの強さを織り交ぜたゲームメイクで世界ランカー結城を下した。勝利した田中は3人の子供たちをケージに呼び入れた。


PR
PR

関連記事

Movie