この星の格闘技を追いかける

【ONE Revolution】猿田洋祐、ジョシュア・パシオの一発からの畳みかけに完敗、TKO負け。王座奪還ならず

<ONE世界ストロー級(※56.7キロ)選手権試合/5分5R>
ジョシュア・パシオ(フィリピン)
Def.1R3分38秒by TKO
猿田洋祐(日本)

タッチグローブ後、すぐに仕掛ける仕草を見せた猿田。右を伸ばしたパシオが左ハイからワンツーを入れる。猿田は離れることなく、近めの距離を取った猿田が左を伸ばすが届かない。さらにローに右を合わされ姿勢を乱した猿田がすぐに立ち上がる。左リードフックの猿田、パシオの反応が良い。さらに距離を詰めていく猿田は、ローを取られそうになり離れる。パシオはいきなりの右ハイからローを蹴るが、急所に。すぐに試合は再開され、猿田に近寄せないようパシオがハイを見せる。右を当てた猿田、パシオも右を返して右ローを蹴る。左ミドルハイから前蹴りで突き放したパシオが、ローを掴みつつ右を当てる

猿田の立ち上がり際に右を被弾した猿田は、スピニングバックフィストにもフック被弾する。ケージ際に下がった猿田に対し、パシオは左右のフックを打ち、猿田も右を返すが左を被弾してヒザをつく。ここから左を連打したパシオ、猿田の動きが止まりレフェリーが試合を止めた。

「ずっとハードな状況だけど、準備はしてきた。このステージでチャンピオンであることを証明できた。2度目の対戦で、猿田の戦いは打開できるようになっていた。僕はカウンターファイターで、それを磨いてきたんだ。そして、試合で見せることができた。どんな状況でも戦えることをフィリピンの皆に見せたかったんだ」と王者は話した。


PR
PR

関連記事

Movie