この星の格闘技を追いかける

【Shooto2020#03】暫定バンタム級王座決定戦で倉本一真と対戦、岡田遼─02─「MMAは5教科7科目」

【写真】ATTで積んだものとは別に、彼が修斗を始めてから12年をブル蹴る試合になる (C)MMAPLANET

31日(日)に会場非公開のABEMAテレビマッチとして開催されるProfessional Shooto2020 Vol.3 。同大会のメインで倉本一真と暫定世界バンタム級王座を賭けて戦う岡田遼インタビュー後編。

ATTでの練習成果を感じる、特殊な状況下での準備期間を経て、岡田は倉本との対戦にどのような想いでいるのかを訊いた。

<岡田遼インタビューPart.01はコチラから>


──それがタイトルの重みですか。

「僕は試合があるけど、試合の予定が決まっていないジムの仲間が協力してくれています。もう本当に自分が感染して、彼らにうつしたらどうしようという想いもありました。それでも、これまでにない状況で練習をするしかない。ここを乗り越えてこそチャンピオンになれる資格がある──そう自分に言い聞かせています」

──その練習でATT成果は出ていますか。

「出ています。それは断言できます」

──扇久保選手との練習でもそれを感じることができるのですか。「扇久保、弱ぇよ」みたいな(笑)。

「いやいやいや、ホント、扇久保さんのこと好きですよね(笑)。でも扇久保さんとの練習でも、ホントATTで練習してきたことの正しさを確認できています」

──ところで神田コウヤ選手は天皇杯5位、鶴屋玲君も高校レスリングの強豪です。それでも倉本選手のレスリング力は、日本のMMAにあって別次元かと。

「レスリングの実績でいえばその通りですね。あの根津選手があれだけ投げられる。それはそれは衝撃的でした。と同時に、あの試合を見ることができたことが、僕にとっては凄く有利に働くと思います。

生物として身体能力のポテンシャルは圧倒的に負けています。でもMMAの選手として、彼とはまだ実力差があると思っています。僕がそうだったんですけど、国立大学に進むのって5教科7科目勉強しないといけないんです。同じ分野に進むとしても私立大の入試って英・国・数学だけなんです。英・国・数学だけの点数だったら、多分僕は倉本選手に勝てない。でもMMAは5教科7科目なんです。英・国・社・理・数学という5教科7科目なら、僕の方が上です」

──電話取材なのですが、きっと凄いドヤ顔しているんでしょうね。でも、腹黒出木杉君らしい凄く嫌なモノの例えです(笑)。

「アハハハハ」

──その5教科7科目という総合力で打撃だけなら特待生ジアン・クラウド・サクレッグに優等生が勝ったと。

「ハイ。トータルの点数で上回ったので、俺が勝ったと思っています」

──センター試験で670点ぐらいの内容だったかと……。

「全部が平均点より、少し上みたいな(笑)。でも、なかなかの評価をしてもらったと思うようにします。次の試合でも、それぐらい取れるような試合をします」

──倉本選手の能力がペーパーテストでは測り知れないもので、三教科で850点ぐらいの力があったらどうしますか。

「アハハハ。また、意地悪な質問をしてきますね。そうしたら、俺の点数足らないじゃないですか(笑)。でも、それもMMAなんですよねぇ……一点突破が総合力を上回ることがある……。想定外のパワーだったり、想定外の何かが起こるのも……。それが想定外にならないよう想定して戦います」

──それにしても、興味深い対戦です。その要因が倉本選手のダイレクトに強さが伝わる戦い、そして未知数の部分だと思います。

「それは僕も分かります。特にこの間の根津選手との試合でも、倉本選手は見ている人に分かりやすい武器を持っている。ただし、さっきも言ったけどあの試合を見ることができて本当に良かったです。僕には彼のような分かりやすい武器はないですけど、『なんだか分からないけど、倉本の良いところが出ないなぁ』という感じの試合をするので、そこを見て欲しいです」

──う~ん、その言葉が試合を盛り上げようとかということでなく、心の底からそう思っていることが口調から感じられます。

「ぜんっぜん本音の本音ですよ。全然、本音です。差があると本当に思っているので。試合をABEMAで視てくれるファンの人たちにとって、とても分かりやすい試合になるかどうかは分からないです。でも、MMAが心の底なら好きな人おいは『おっ、岡田っ!!』って思われる試合をします」

──それがどういうMMAなのか、一言だけヒントを貰えないですか。

「MMAはMMA。でも現代MMAだけじゃないんです。あらゆる面で武器が多いのは、僕のほうです。それを見せます」

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie