この星の格闘技を追いかける

【UFN149】力のこもった高度なレスリング戦でマカチャフが、ツァルキャンに競り勝つ

<ライト級/5分3R>
イスラム・マカチェフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.30-27.29-28
アルマン・ツァルキャン(アルメニア)

マカチェフの左ハイに対し、ツァルキャンが右ミドルハイを放つ。足を滑らせ、手をついたツァルキャンに組みついたマカチェフだが、逆にシングルでケージに押し込まれる。体を入れ替えたマカチェフは支え釣り込み合いでテイクダウンに成功する。サイドを取りに行ったマカチェフは、ツァルキャンのスイープ狙い&スクランブルをがぶる。そのまま後方に崩すも、頭を抜いて立ち上がったツァルキャンが逆にがぶりからギロチンを狙う。

頭を抜いかれたツァルキャンは、ヒザ裏を抱えてリフト狙いからバックに回り、ボディロックで抱え上げ、バックコントロールを続ける。胸を合わせたマカチェフは右アッパーを狙う。離れたツァルキャンは左フックにシングルレッグを合わせるもマカチェフがケンケンで耐え初回が終わった。

2R、ジャブの差し合いから、サウスポーのマカチェフが左ハイ、ツァルキャンは右ハイを返してからダブルレッグを狙う。マカチェフが切ると、ツァルキャンは右フックを狙い、ハイ、スピイングバックキックを見せる。相四つで組み合い時間が続き、マカチェフは支え釣り込み足からシングル、バックに回って前方に崩しにかかる。キムラを仕掛けたツァルキャンだったが、自らクラッチを解くと、一気にシングルレッグへ。ケージを背に、ウィザートとスプロールを合わせて切ったマカチェフはがくにシングルで押し込む。力の入った攻防は最終回を迎えることとなった。

3R、右を伸ばしハイを連続で繰り出すツァルキャン。マカチェフは左ハイを組もうとしたツァルキャンが放つ。右を振るって前に出たツァルキャンはシングルレッグへ。マカチェフは、これを切ってバックを伺うと、ツァルキャンがファイヤーマンキャリーを狙う。同体で倒れ、すぐに立ち上がった両者。疲れが見えるようになったツァルキャンをケージに押し込んだマカチェフがついにテイクダウンに成功する。そのままトップの状態で試合終了となり、マカチェフが3-0の判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate