この星の格闘技を追いかける

【ONE85】グラウンドのヒザで削りまくる──鬼神V.V Mei、格下トーレスを圧倒し3-0の判定勝ち

<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
V.V Mei(日本)
Def.3-0
ジョマリー・トーレス(フィリピン)

身長&リーチで優るトーレスに対し、V.V Meiは遠い距離から前蹴りを見せ、ジャブやフックを繰り出しつつ前に出ていく。トーレスは左ジャブを当て、V.V Meiは右を当て返す。V.V Meiは右ローを蹴って離れるも、トーレスも右ローを2発返す。さらに左ジャブから右ローに出たトーレスに対し、V.V Meiはキャッチして組みついていく。

ケージに押し込みテイクダウンに成功したV.V Meiは、ハーフからパンチ。トーレスのブリッジには体が跳ね上がったが、上手く着地しバックを取る。サイドバック&襷掛けでヒザを顔面に入れるV.V Meiは、シングルレッグも潰してパンチ、さらにがぶりからヒザを頭部に蹴りつける。左ワキを差してトーレスに背中をつかせたV.V Meiは、サイドを取ってアメリカーナを仕掛ける。トーレスが耐えるとパンチに切り替えたV.V Meiが初回を完全にリードした。

2R、スピードのある踏み込みでワンツーを放つV.V Meiは右オーバーハンド、トーレスは左ジャブを当てる。左ジャブを当てたV.V Meiが、角度を変えて右をヒットさせる。V.V Meiジャブから右オーバーハンドと打撃でもリードし、飛び込んで左フックを当てる。組みでリードされ、打撃でも劣勢のトーレスは左ジャブ以外の攻撃が見られないなか、右オーバーハンドに右を合わせる。

近づいて離れるV.V Meiは、パンチだけでなくローと攻撃を散らす。右を当て、コンビネーションと近い距離でも攻勢のV.V Meiが左ハイを繰り出す。さらに右を当て、前に出ながらフックを振るうV.V Meiは、ベストのタイミングでダブルレッグを決める。一気のマウント奪取はならなかったものの、ハーフを取りボディにエルボーを入れたV.V Meiが完全に試合を支配し最終回へ。

3R、いきなり右オーバーハンド、さらに右フックを打ち込むV.V Mei。続くテイクダウン狙いはトーレスに切られたが、慌てず左ボディとのコンビで右ストレートを届かせる。ワンツーも入れたV.V Meiだが、テイクダウンにはトーレスが右ヒザを合わせる。構えを変えたV.V Mei、すぐにオーソに戻してワンツーで前に出る。

テイクダウンのフェイクを見せたV.V Mei、続く右ハイは届かない。ヒザを受けながらダブルレッグに出ると、トーレスがギロチンを仕掛ける。グラウンドに持ち込み頭を抜いたV.V Meiが、パウンドを落とす。V.V Meiは手首を掴まれても振り払いパンチを入れ、一旦起き上がりトーレスの足を払いながらパンチを見舞っていく。

マウントを奪いパンチを入れ、サイドに戻ったV.V Meiが鬼神のごとくヒザを頭部に入れる。足を戻されても、ニーインに入りつつそのヒザを顔面に打ちつけようかというV.V Meiは、最後の10秒でテイクダウンを狙ったトーレスにえげつないヒザを蹴りタイムアップへ。

格下のトーレスを圧倒したV.V Meiは3-0の判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday