この星の格闘技を追いかける

【Grachan37xGladiator008】王者として、ジム代表としてMIKE─02─「名刺より、ベルトを見せるほうが」

Mike and Garuchan【写真】Gruchanの訪問時にジム生と。順調に奈良にMMAを根付かせる一歩を踏み出せたようだ(C)MMAPLANET

1日(木)に奈良県桜井市にM3A FITをオープンしたMIKEインタビュー後編。

体重超過のチャンピオンに挑み、Gladiatorフェザー級王座を獲得したMIKE──ジム経営者にとってベルトの意味とは。そして、12月2日(日)に東京都大田区の大田区産業プラザPIOで開催されるGrachan37 X Gladiator008で古根川充と対戦することが決まった彼に改めて、今回の試合に向けての意気込みを訊いた。

<MIKEインタビューPart.01はコチラから>


──前代未聞でしたが、ベルトを獲った。ジムを開くうえでベルトの存在が役立つというのも現実なのですね。

「どんな名刺を出すよりも、ベルトを見せるほうが……確かに格闘技に詳しい人からすると、ベルトにも格があるのは分かっています。日本では修斗、DEEP、パンクラスという存在があってグラジエイターやグラチャンは同列に見られないです。でも、ここでジムをやっていくうえでベルトの効果は想像以上です」

──その格が頭にある層が圧倒的に少ない街でジムを開く。そのような境遇の選手にチャンスを与える大会があって、MIKE選手のジムでの活動をグラジエイター王座が後押しする。良いことではないでしょうか。

「格闘技を詳しくない人からすると、同じですしね(笑)」

──そういうことです。MIKE選手がそこを理解している。心得があることが大切だと思います。

「それは……もちろんです。僕を抜擢してくれた櫻井代表には凄く感謝しています。色々な選手がいるなかで、自分にチャンスを与えてくれました」

──グラジエイター・フェザー級王者が指導するジム、どのような活動を行なっていきたいですか。

「僕のキャッチフレーズは『格闘技で奈良を元気』というものです。格闘技のジムって普通の人からすると怖いというイメージもあって敷居が高いので、誰でも楽しめるジムにしたいです。

同様に選手を育成したい。その気持ちも大きいです。無謀って思われるかもしれないのですが、僕の目標は5年以内にONEに出場できる選手を育てるということなんです」

──素晴らしい目標だと思います。

「『何言ってるんだ』って笑われるかもしれないですけど……この目標に向かって突き進みます」

──どのような素質のある人材が奈良にいるのか、誰も分からないことですし、誰も掘ってこなかった。そこに乗り出したのがMIKE選手ですから、その目標を是非とも実現させてほしいです。

「ありがとうございます。ホント、ヤベェ奴がいるかもしれないので」

──道場を開いた後、現役生活をどのように考えていますか。

「キャリアとしては終盤に差し掛かっています。でも、試合はまだ出続けたいです。あと12月2日のグラチャンとグラジエイターの合同興行に出場することは決まっています。まだ対戦相手は決まっていないですが(※取材後に古根川充に決定)、ジムを開いて初っ端の試合なので自分の背中を見せたいと思います。まだ、会員さんはいないけど(笑)」

──オチまでありがとうございます(笑)。(※その後3週間に20名に近い入門者があった)。

「明日は2人、来てくれることは確定しています。道場がオープンして初めての試合なので、勝つことは当たり前でどういう風に勝つかですね。KOか一本勝ち、魅せる試合をこころがけて戦おうと思います」

──試合会場のある蒲田は、古巣AACCのあった大森から僅か1駅です。

「近いですねぇ。ある意味、凱旋マッチです(笑)」

※対戦相手決定をうけ、MIKEに改めて話を訊いた。

■「人間はメンタルが9割」

M3A Fit
──試合が1週間後に近づいてきました。

「ハイ、今はとにかくフィジカルトレーニング、息あげをメインにトレーニングをやっています。クロスフィットみたいな感じのトレーニングですね」

──指導との兼ね合いは難しくないですか。

「指導は夜なので大丈夫です。自分の練習はNavE選手や元プロ、JMLに出ている奈良の選手たちと昼間にやっています。打撃とグラップリングスパー、MMAスパーですね。それとレスリングは天理大学レスリング部で、がっつりとやらせてもらっています。指導以外は練習をしている感じです」

──対戦相手の古根川充の印象は?

「正直……ないです。ただ、僕はいつも対戦相手はどんな相手でも自分より強いというところから試合は入っているので。映像の方もガッツリ見ています。勝った試合も、負けた試合も。

とにかくジムの代表として、試合をするからには気持ちを見せる試合をしないといけないなと思っています。気持ちを見せるって具体的にはどうなん?って感じかもしれないですけど、僕にとっては圧倒的に勝つとか、ガムシャラに打ち合うとかではなくて……苦しい時に絶対に諦めないということです。スクランブルの局面でも、最後には必ずトップを取るといった具合に。

人間はメンタルが9割だと思っています。つまり気持ち次第でなんでも出来る。ジムの代表として、地方の選手でも首都圏の選手に勝てるんだよってところを見せつける試合をします」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday