この星の格闘技を追いかける

【Shooto/180715】投げ2つとテイクダウンの清水が、蹴りとヒザの内藤に競り勝つ

<フライ級/5分3R>
清水清隆(日本)
Def.3-0:30-29.30-29.29-28
内藤頌貴(日本)

右ジャブを伸ばす内藤に対し、清水は左フックを当てる。内藤は左ロー、清水は飛び込んで右を狙う。内藤のミドルはキャッチされそうになるが、足を抜いて離れる。右ローは2発入れた内藤が、左ミドルを蹴り、清水はここも飛び込んでワンツーを繰り出す。右を当ててローを入れた清水は、内藤の組みを押し返す。遠い距離から左ミドルを入れる内藤は、なかなかパンチを出すことはできない。低い姿勢のダブルレッグを切った清水は、内藤の左を避けて右を振るって前へ。これも空振りとなり、初回が終わった。

2R、前に出る清水に右フックを内藤が打ち込む。清水は走り込むようなパンチを初回と同じように続け、内藤も反応する。組んだ内藤を払い腰で投げてトップを取った清水だが、すぐに立ち上がられる。飛び込みにカウンターを合わせようとする内藤に対し、清水はテイクダウンのフェイントを織り交ぜる。内藤は左ミドルを入れ左ローも、上への攻撃とテイクダウンに繋げたいところだ。

シングルにも足を抜いた清水、自らのダブルレッグを切られる。内藤は右ローを蹴り、シングルレッグを防ぐと左ミドル、続いて右ローを蹴り込む。パンチで踏み込み、ヒジ打ちを狙った清水。これは空振りとなり、内藤が右ローを続ける。両者が踏み込もうとしたところで、ラウンド終了となった。

最終回、清水がすぐにシングルに出る。足を抜いた内藤は清水のロングをかわし前蹴り、そしてダブルレッグも切る。清水は右ロー、内藤が左ローを返す。シングルで深く入った清水は後方から持ち上げて、着地したところでパンチを打ち込む。離れた内藤のローが急所に入り、試合が一時中断へ。再開後、清水が右を放ち、内藤は右から左を当てたところで、清水がシングルレッグで尻餅をつかせる。

即スタンドに戻った内藤は右ロー、清水の蹴りをキャッチしてバックに回り込む。キムラクラッチの清水は、払い巻き込みで投げてパンチを落とす。立ち上がった内藤が左の蹴りを放った際にヒザが清水の顔面に入る。清水は足を取りながらマットにヒザをつき、鉄槌を打ち込まれる。離れた清水は、遠い距離からダブルレッグでケージに押し込み、最後に尻餅を奪った。

テイクダウンと投げの清水、蹴りの内藤、結果は清水が判定勝ちを手にした。競り合いを僅差で落とすことが多かった清水が、しっかりと判定を勝ち取った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY