この星の格闘技を追いかける

【PFL2018#3】TUFウィナーのエディ・ゴードン、無敗のロシアン=シャミル・ガムザトフに及ばず

<ミドル級/5分3R>
シャミル・ガムザトフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
エディ・ゴードン(米国)

左ジャブを伸ばすガムザトフ。ゴードンは大きな振りの右フックを見せる。基本、待ちの態勢のガムザトフはローを蹴るが、右を被弾する。打たれて右を返したガムザトフは左ジャブとローを続け、右オーバーハンドをよける。ゴードンの前進に下がりながら左を被せたガムザトフは、続くテイクダウン狙いを切られる。

それでも左右のフックを当てたガムザトフ、ゴードンは左インサイドローで体がよれる。ゴードンのアイポークでブレイクが要求したガムザトフは再開後に左ハイを当てる。さらにシングルレッグを狙い、スクランブルでパンチを入れるなど攻勢に。さらにガムザトフは左を当て、飛びヒザへ。これは届かなかったが初回を取ったか。

2R、ガムザトフの左ジャブにゴードンは右オーバーハンド狙い。と、ガムザトフのローが急所に入り試合が中断する。リスタート後、ゴードンが左ジャブを当てる。ガムザトフは左ロー、ここでもゴードンが姿勢を崩す。左2発から右をヒットさせたガムザトフ。ゴードンはシングルレッグで倒されると、ロックアップ&バタフライガードもスクランブルからバックを許す。

ここでゴードンは胸を合わせ、逆にスカランブルをダブルレッグで制す。ガムザトフもすぐに立ち上がると右ボディストレート、ヒザ蹴りでゴードンを攻め立てた。

最終回、キャリア11勝0敗のガムザトフに対し、TUF19ウィナーの意地を見せペースを譲り切らないゴードンがケージ中央を取る。ケージを背負ったガムザトフもゴードンの前進にワンツーを入れ、試合は一進一退の状況が続く。息が荒いガムザトフは左ローを続け、ゴードンは右を伸ばして前に出る。ゴードンの右ミドルに、ガムザトフが右ストレートを合わせる。

シングルレッグを切ったゴードンも、一発大きなパンチが欲しい。とガムザトフが、左を放ってスウェイから右を当てる。最後まで主導権争いが続いた一戦は、終盤の足を止めての打ち合いでゴードンが勢いを見せてタイムアップに。

結果、3‐0で勝利したガムザトフがキャリア12連勝とし、3Pを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF

ONE DAY