この星の格闘技を追いかける

【Pancrase297】ライカが組みでは優位も、パンチと左ハイを当て続けたグーセヴァがスプリット判定を制す

<女子フライ級/5分3R>
クセニヤ・グーセヴァ(ロシア)
Def.2-1 29-28.29-28.28-29
ライカ(日本)

サウスポーのグーセヴァに対し、オーソドックスのライカは左ジャブを突く。グーセヴァはローからストレート、左ハイを繰り出す。ライカが中に入ってくると、立ち位置をずらしながら回転しながらパンチを放つ。

右ジャブ、右アッパー、左ミドルで自分の距離を保つグーセヴァ。左ハイを顔面にヒットさせる。その蹴り足を取ったライカが組み付いてくると首相撲からのヒザをボディへ突き刺す。

なおもライカが組み付いてくると、グーセヴァは大外刈りでテイクダウンを奪取。しかしライカはバックを奪うことに成功、RNCを狙う。グーセヴァは立ち上がろうと試みるが、ライカはバックをキープ。終了間際、コツコツとパンチを当てていった。1Rのスコリアリングは、ジャッジ3者ともライカに10-9をつけている。

2R、ライカが頭を下げて中に入ろうとすると、右ジャブを伸ばすグーセヴァ。さらに左ハイを放つも、ライカはブロックする。左の蹴りを出そうとする相手のボディに、右ストレートを突き刺したライカ。グーセヴァは左右のミドルを当てる。グーセヴァの左ミドル、右フックをもらいながらも、前進するライカ。グーセヴァはワンツーから左ミドル。ライカの右フックに左ミドルを合わせるグーセヴァ。

ここで組み付いたライカは、ボディロックからテイクダウンを狙うも、グーセヴァはケージ際でカット。
グーセヴァは右ジャブと左ミドル。ライカも再び組み付くが、テイクダウンを奪うことができない。
2Rのスコアリングは、3者とも10-9でグーセヴァ。

3R、グーセヴァはショートのパンチを細かく繰り出し、足を使う。前進するライカだが、グーセヴァの左ハイをもらってしまう。ライカは組み付いてケージに押し込むも、ヒザを打って離れたグーセヴァ。
距離を取るとグーセヴァのパンチがライカの顔面を捕らえる。

ライカはパンチを振りながら前進。グーセヴァは首相撲のヒザ、距離を取ってパンチ。組み付かれてもグーセヴァは倒れず、反対に投げを狙い、ライカを押しつぶしてトップを奪取する。しかしライカはトップを奪い返し、しっかり抑え込む。相手のスイープもディフェンス。

ライカが体を起こして殴ろうとしたところで、グーセヴァはライカを蹴って立ち上がる。頭を下げて前に出続けるライカ。左フックがグーセヴァの顔面にヒット。さらにまたも組み付いてグーセヴァをケージに押し込んだところで、試合終了のブザーが鳴った。

ジャッジは最終ラウンドをどちらにつけるかで勝負が決する展開。結果はスプリット・デシジョンで、ジャッジ2人の支持を得たグーセヴァが勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY