この星の格闘技を追いかける

【ONE70】ONE初のリングMMAはインドネシアのマテイスが、中国のランに3-0で勝利

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
アドリアン・マテイス(インドネシア)
Def.3-0
ラン・ミンチャン(中国)

互いに左ローを蹴り、マテイスのローがいきなり急所に入る。再開後、フックの応酬からマテイスがボディロックもラン首投げ投げる。背中を取りつつあったマテイスが、ランの動きに合わせてマウント奪取し、鉄槌を落としていく。ケージにはない、ストップドントムーブから頭を中に入れる動き見られる。

再開後、鉄槌、パンチ、エルボーを落とすマテイスはブリッジされると同時に腕十字へ。スラムしたランは、右腕を抜いて立ち上がる。そのまま組み付いたマテイスがテイクダウンからマウント、パンチを入れてブリッジに合わせてバックを取る。RNC狙いもロールのなかで、マテウスは下になってしまい時間となった。

2R、飛び込んでワンツーを入れたマテイス組んでヒザ蹴りを突き上げる。右目が腫れたランは、フックの連打もマテイスが右オーバーハンドを返す。打って打たれる展開のなか、マテイスがダブルレッグでテイクダウンに成功する。ロープで持たれた形で首を抱えるランは、そのままボディにパンチを被弾し続ける。ハーフに戻したランがギロチンで絞めるも、マテイスがサイドに回りマウントを奪取する。

頭を抜いたマテイスはエルボー、鉄槌を打ちつける。マテイスが腕十字を仕掛けたところで、タイムアップとなった。

最終回、ランがサイドキックを見せる。さらに左フックを振るうが、マテイスがダブルレッグで組んでいく。ここはロープを背にして耐えたランのバックに回り込む。ヘッドロックで頭を抱えたランは、マテイスが抜いたところで胸を合わす。すぐに組んでヒザ蹴りのマテイスは離れて、右ストレートを打たれる。テイクダウンを切るようになったランは右フックで前に出る。パンチを振り回すが、打ち勝てないマテイスは残り90秒でテイクダウンを奪い、寝技に持ち込むに成功する。

立ち上がり際にダブルレッグを合わせたマテイスが、そのままサイドを取りランは万事休す。マテイスがマウントを取り、ドンムーブからエルボーを落とし続けて試合終了を迎えた。

インドネシアと中国のキャリアの少ない者同士の対戦は、マテイスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday