この星の格闘技を追いかける

【Bellator193】まさかのスプリット判定もマシューズが、グローブにペース譲らず判定勝ち

<ミドル級/5分3R>
AJ・マシューズ(米国)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ケンドール・グローブ(米国)

間合いを図る両者、グローブが飛びヒザを見せると、マシューズは左ミドルを蹴って右ストレートを伸ばす。左フックから右ローを蹴ったマシューズ、さらにボディフックのワンツーからローを走らせる。リーチを生かして左ジャブを伸ばすグローブだが、そこに右を合わされるなど圧され気味の初回に。

接近戦で首相撲&ヒザ蹴りを狙ったグローブがショートの連打を見せるも、マシューズのローが効いたような表情を見せた。

2R、左ミドルを入れたマシューズ、左ボディストレートと腹を攻めていく。グローブの左ジャブにも変わらず、距離を詰めるマシューズが左ボディフックを打つ。下がりながらショートを返すグローブは、どうしても状態が浮いてしまう。それでも顔面へのクリーンヒットは受けないまま、グローブも手を返す展開が続いた。

3R、マシューズが上体を振りながら距離を詰めて左右のフックを振るう。グローブもパンチの打ち合いに応じるも、一旦間合いを外したマシューズがオーバーハンド気味のパンチを打ち込んでいく。グローブのジャブに右カウンターを打ち込むマシューズに対し、グローブは首相撲。マシューズが離れたところに追い打ちがないため、グローブは後手を踏む展開のまま試合終了へ。

ジャッジの裁定はスプリットに割れたが、マシューズが勝利を手にした。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY